山本博志四段、新人王・伊藤匠四段下す 四段戦決勝に進出/将棋・叡王戦
番組をみる »

 将棋の叡王戦段位別予選(四段戦)が10月15日に行われ、山本博志四段(25)が伊藤匠四段(19)に122手で勝利した。山本四段は、四段戦決勝に進出を果たした。

【中継】叡王戦予選 山本四段-伊藤四段

 先手の伊藤四段が居飛車、後手の山本四段が三間飛車の対抗形で始まった一局は、互角の中盤から角交換が入ると、端に寄った伊藤玉を山本四段が強襲してリード。一時は伊藤四段が金3枚で玉の周りを囲って粘ったものの、最後まで優勢を保った山本四段が押し切った。

 叡王戦は四段から九段までに分かれた段位別予選を行い、12人が通過。シード棋士4人を加えた16人で本戦を戦う。14人が参加する四段戦は優勝者が本戦に進む。昨期から主催が不二家となり、対局室には栄養補給用にお菓子ボックスが置かれている。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】叡王戦予選 山本四段-伊藤四段
【中継】叡王戦予選 山本四段-伊藤四段
【動画】藤井聡太「三冠」が誕生した叡王戦第5局
【動画】藤井聡太「三冠」が誕生した叡王戦第5局