鈴木たろう、狙い撃ちの“一本釣り打法”で今期2勝目 視聴者も「爆釣でしたw」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 “ゼウス”の仕掛けたワナが、しっかりライバルを捕らえた。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月18日の第1試合、赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(最高位戦)が今期2勝目を獲得した。

【動画】今期2勝目にガッツポーズの鈴木たろう

 この試合の対局者はU-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・伊達朱里紗(連盟)、セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)、鈴木の並びでスタート。

 鈴木は東2局、2巡目に二・三・三の形から三万を切り、将来の一・四万待ちの布石を作る。その後6巡目に首尾よく一・四万待ちのリーチをかけると、これに小林が四万で放銃、鈴木はリーチ・赤の2600点と派手さはないが、技ありのアガリを決める。

 大きく試合が動いたのは南1局。鈴木は南を鳴いてホンイツへ、テンパイしてすぐに伊達からロン、南・ホンイツ・ドラの8000点をアガって1人抜け出しに成功した。決定打が飛び出したのは南4局1本場、茅森のリーチ宣言牌の赤五万を鳴いてカン5索のテンパイ。次に待ち替えとなる8索を引き、4索を打って、スジの7索待ちとなるテンパイと形を変える。これに小林が振り込んで、鈴木はタンヤオ・赤2・ドラの1万2000点(+300点、供託1000点)の獲得。続く2本場は鈴木がテンパイから小林へ満貫の放銃でゲーム終了、今期2勝目を挙げた。

 インタビューで鈴木は「気持ちいいです」と笑顔で一言。トップを決めた局として、南1局1本場を挙げ、4索を打ってのカン7索待ちでアガれた局を「一本釣りできました」と嬉しそうに振り返った。

 この日は相手の速度読み、待ち読みもズバズバと決まり、一見すると危険にも見える牌も、読みを入れて切り飛ばした。リポーターにその点を質問されても「あれは当たらないですよ、組み合わせがほとんどないので」と、理路整然と振り返り、これには視聴者も「鳴き読みはお手のもの」「ほほーゼウってるね」「プロはそこまで考えてるんだな」と感嘆の声を漏らしていた。

鈴木たろう、狙い撃ちの“一本釣り打法”で今期2勝目 視聴者も「爆釣でしたw」/麻雀・Mリーグ

 試合を通して鈴木は、気合が入るというよりは、どこか脱力したようなリラックス感、余裕すら感じさせた。「なんとなく打っていたらトップになった」と独特の言い回しで振り返り、今期の目標でもある「4着回避率」も現在ラスなしで有言実行中だ。最後は視聴者へ向けて「ドリブンズの麻雀も意外と面白いということで、これからも楽しんでいただけたら幸いです」と語りかけ、深々と一礼してガッツポーズをしてみせた。

 最後までニコニコの鈴木にコメント欄には「ニコニコゼウス」「たろうはニコニコが似合うなww」「たろさんナイストップでした!」「たろさん、トップおめでとう。」と声援が多数投稿されていた。

【第1試合結果】

1着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(最高位戦)3万9700点/+59.7
2着 セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)2万9200点/+9.2
3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・伊達朱里紗(連盟)1万7600点/▲22.4
4着 U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)1万3500点/▲46.5

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】今期2勝目にガッツポーズの鈴木たろう
【動画】今期2勝目にガッツポーズの鈴木たろう
【動画】ファンに大反響となった伊達朱里紗のアニメ声
【動画】ファンに大反響となった伊達朱里紗のアニメ声