圧倒的運量!東城りお、出アガリ三倍満・ツモり四暗刻のド級リーチにファン「こんなんびびる」「二度見する」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 「持ってる」者の違いに、周囲も驚愕だ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月18日の第2試合でセガサミーフェニックス・東城りお(連盟)がダマテンでも出アガリで三倍満、ツモれば役満・四暗刻の手をリーチし、番組が大いに盛り上がる一幕があった。

【動画】豪運・東城りお、出アガリ三倍満のド級リーチ

 場面は南1局1本場、東城は前局に親跳満をツモってダントツ。この局はさらに加点を目指し攻撃の手を緩めずにいきたいところ。配牌はドラの5筒が1枚あるものの形が悪く、大物手の予感はほとんどない。U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)に先制リーチを受け、ほぼこの局は受けに回ると思いきや、東城の手に次々とピンズ、そして赤5筒が訪れる。そして14巡目、東城はついにロンならばホンイツ・対々和・三暗刻・赤・ドラ3の3倍満、ツモれば役満・四暗刻となるテンパイにたどり着いた。

 ここで東城は迷わず牌を横にして、打点が変わらないリーチ宣言だ。視聴者は「え、リーチ!?」「うわああw」「やばすぎて草」「なんだこれwwwww」「面白い!」と騒然となった。この中継を解説していた多井隆晴(RMU)もまた「ダマ3万6000点は見たことないですよ!」と驚きを隠せなかった。

圧倒的運量!東城りお、出アガリ三倍満・ツモり四暗刻のド級リーチにファン「こんなんびびる」「二度見する」/麻雀・Mリーグ

 このリーチはかけた時点で山にはなく、当たり牌を持っていた滝沢からは出る形ではなかった。流局後、開けられた手を見て対局者もビックリ、U-NEXT Pirates・朝倉康心(最高位戦)が驚愕した様子が映像に表れていた。

 東城の堂々とした打ちっぷりに視聴者は喝采。「カッコいいわ」「二度見する手だな」「こんなんびびるわw」「おもろすぎwwww」と、この局が終わってしばらくしても、興奮冷めやらぬといったところだった。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】豪運・東城りお、出アガリ三倍満のド級リーチ
【動画】豪運・東城りお、出アガリ三倍満のド級リーチ
【動画】ファンに大反響となった伊達朱里紗のアニメ声
【動画】ファンに大反響となった伊達朱里紗のアニメ声