ようやく“堀DAY”到来 堀慎吾が今期初トップ あっさり味の「嬉しいです」も顔はニコニコ/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 ファンも、何より自身も待ち望んだ瞬間だった。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月19日の第1試合で、KADOKAWAサクラナイツの堀慎吾(協会)が今期3戦目にして待望の初勝利を収めた。

【動画】今期初勝利に笑顔がこぼれる堀慎吾

 この試合はTEAM雷電・黒沢咲(連盟)、堀、渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)、EX風林火山・勝又健志(連盟)の並びで始まった。ここまで3着・4着と苦しい戦いが続いた堀は東3局、あえて2巡目から対子の白を連続で捨てて相手をけん制するなど、自分なりに戦略を立てるも不発に終わった。

 だが、東場が終わると状況は一変し、南1局、8巡目でリーチをかけると当たり牌を手繰り寄せてリーチ・ツモ・赤・裏ドラの8000点。ラス目から2着目にまで浮上すると、自ら「至極の1局」と評した南3局では三面張のリーチから高目を剛腕で引き当て、リーチ・ツモ・タンヤオ・平和・裏ドラ2で1万2000点を獲得してトップ目に立ち、そのまま逃げ切った。

ようやく“堀DAY”到来 堀慎吾が今期初トップ あっさり味の「嬉しいです」も顔はニコニコ/麻雀・Mリーグ

 「嬉しいです」。インタビューでいつもと変わらぬ勝利への感想を述べた堀は、前回までの戦いを振り返りながら「まだ2戦しかしてなかったんで、特に気にせず、ゆっくり勝っていこうと思っていた」とコメントした。淡々と焦りはなかったことを告げたが、実は試合中、「勝又さんが尋常じゃなく押してきた」「めちゃくちゃ心の中では強気に思ってたが、無理だ、勝又さん、やめてくれって思ってた」とも告白。そんな中での先の南3局、トップの白鳥が親だった場面で「裏2つ」を乗せられたことが大きかったとし、ファンからも「堀さん、おめでとうございます」「初トップおめでとう」「さすがの強さ」「結構、嬉しそう??」と祝福のコメントが多く寄せられた。

【第1試合結果】

1位 KADOAKAWAサクラナイツ・堀慎吾(協会)4万3900点/+63.9
2位 EX風林火山・勝又健志(連盟)2万4500点/+4.5
3位 渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)2万3400点/▲16.6
4位 TEAM雷電・黒沢咲(連盟)8200点/▲51.8 

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】今期初勝利に笑顔がこぼれる堀慎吾
【動画】今期初勝利に笑顔がこぼれる堀慎吾
【動画】勝又健志は今期初勝利にガッツポーズ
【動画】勝又健志は今期初勝利にガッツポーズ