“軍師”勝又健志、今期は裏ドラもノリノリ?オーラスの一撃で逆転トップ「ラッキーだった」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 解説者も驚く逆転劇だった。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月19日の第2試合で、EX風林火山の勝又健志(連盟)が今期初勝利。その戦いぶりでファンを熱狂させた。

【動画】勝又健志は今期初勝利にガッツポーズ

 この試合はKADOKAWAサクラナイツ・堀慎吾(協会)、TEAM雷電・本田朋広(連盟)、勝又、渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)の並びでスタートした。リーグ開幕から2週間、ここまで出番がなかった勝又は第1試合で初出場すると、2着でフィニッシュ。連投となった第2試合では序盤、同じく連投、しかも第1試合でトップを取った堀による猛攻を受けた。それでも東1局3本場、積極的な鳴きで手を進めると、その堀から西・ドラ3の8000点(+900点)。以降は松本が連続でアガるなどしてトップに昇りつめるも、勝又は静かにチャンスの時をうかがっていた。

 そんな中で迎えた松本が親番のオーラス、トップと9300点差で2着の勝又は11巡目でカン2筒待ちのリーチ。このリーチをドラの發をポンしていた本田から一発でアガると、リーチ・一発・一盃口・赤・裏ドラ2の1万2000点を獲得し、最後の最後でトップの座を奪い取った。昨期、勝又はあまり裏ドラに恵まれなかった。それだけに、このアガリには解説者の藤崎智(連盟)も「ずるいね」と思わずひと言。実況の松嶋桃も「軍師勝又、最後はきれいに持って行った」と興奮を隠せない様子だった。

“軍師”勝又健志、今期は裏ドラもノリノリ?オーラスの一撃で逆転トップ「ラッキーだった」/麻雀・Mリーグ

 混戦を制した勝又は、勝利者インタビューで「裏ドラも展開もラッキーだった」としつつ、逆転の場面を「結構、ダメ元だったんですけど、ツモればトップだったんで、まだ序盤戦だし思いっきり攻めようとリーチをした」と説明。一方、自身がアガった局以外は「手牌が苦しかった」「降りる準備をしながらの戦いだった」とも振り返り、「見てるだけになってしまった」が、「たまたま自分にとって都合の良い人がアガってくれたことが多かった」と謙遜する場面もあった。

 とはいえ、相手の当たり牌をピタリと止める守備力は健在。昨期、チームの優勝に大きく貢献した軍師の今期初勝利には、視聴者からも「1発裏裏はやりすぎ」「強すぎ」「今日の勝又さんは虎視眈々と狙ってた」「さすが勝又」「かっちゃん強いよ」などとコメントが殺到した。

【第2試合結果】

1位 EX風林火山・勝又健志(連盟) 3万7700点/+57.7
2位 渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会) 3万5000点/+15.0
3位 KADOKAWAサクラナイツ・堀慎吾(協会) 2万2900点/▲17.1
4位 TEAM雷電・本田朋広(連盟) 4400点/▲55.6

【10月19日時点での成績】

1位 EX風林火山 +164.4(10/90)
2位 セガサミーフェニックス +114.9(10/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +18.0(10/90)
3位 TEAM雷電 +18.0(10/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲28.7(10/90)
6位 渋谷ABEMAS ▲28.9(10/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲101.7(10/90)
8位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲156.0(10/90)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】今期初勝利に笑顔がこぼれる堀慎吾
【動画】今期初勝利に笑顔がこぼれる堀慎吾
【動画】勝又健志は今期初勝利にガッツポーズ
【動画】勝又健志は今期初勝利にガッツポーズ