もう、困ったなぁ…瑞原明奈、難解ツモの連続に悩ましい美顔を連発 ファンは大喜び「はー美人」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 河を見つめるその妖艶な瞳に、視聴者は吸い込まれそう?プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月21日の第1試合の終盤、難しいツモの順番にU-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)が悩ましい表情を浮かべ、その美しさに視聴者が思わず虜になった

【動画】悩む顔も美しい瑞原明奈

 場面は南4局2本場、トップ目の赤坂ドリブンズ・丸山奏子(最高位戦)と6500点差の2着目の瑞原は、白と自風の北をトイツ落としというレアな手順で、タンヤオと三色同順が狙える手を組んでいた。河が2段目に入り、手はさらに難解な方向に。

次々と訪れる悩ましい局面に、瑞原は悩み苦しむ表情を隠せない。その度に中継のカメラにはいろいろなパターンの悩み顔が映し出された。視聴者はこの映像に色めき、「悩ましいけどかわいい」「ほれてまうやろー」「美人アップ増やして」「横顔かわいー」「美人&美人、瑞原」「付き合ってくれーーーあきなーーーー」とコメントが連投された。

もう、困ったなぁ…瑞原明奈、難解ツモの連続に悩ましい美顔を連発 ファンは大喜び「はー美人」/麻雀・Mリーグ

 11巡目、2軒リーチがかかり、この状況であればやむなしと、瑞原はタンヤオのテンパイを取るチー。逆転を期すリーチができないことで、瑞原は渋い表情になる。この新しい表情にまた視聴者は「はー美人」「美人だな笑」「マジかわいい」と見とれ、心を掴まれていた。

 この局、瑞原は2着で終わるアガリを決め、チームにポイントを持ち返った。惜しくもトップ逆転とはならなかったが、河を見つめる美しい表情はファンの印象に強く残るものとなった。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】初勝利にニッコリ笑顔の丸山奏子
【動画】初勝利にニッコリ笑顔の丸山奏子
【動画】悩む顔も美しい瑞原明奈
【動画】悩む顔も美しい瑞原明奈