“七対子専門家”の予想的中!単騎待ちは「新鮮素材」オカルト発揮にファン爆笑「鮮度の話w」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 新しい麻雀格言の登場か。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月21日の第1試合で、七対子が得意なベテラン解説の戦況予想が的中。そのユニークな根拠と実況との掛け合いで、視聴者が盛り上がる一幕があった。

【動画】待ち牌について持論を展開する土田浩翔

 場面は南2局、13巡目に七対子をテンパイした渋谷ABEMAS・日向藍子(最高位戦)が、次巡に8筒を引いて、さらに待ちを替えることができる場面となった。ここでレジェンド雀士・土田浩翔(最高位戦)が「後から来た素材のほうがいいんじゃないの?」と一言。実況の日吉辰也(連盟)は「ええ?どこでそんな話を聞いたんですか?」と問いただすと、「新鮮素材のほうがいいんだって」と土田も譲らない。この掛け合いに視聴者は爆笑、「牌の鮮度www」「新鮮素材理論おもしろい」「土田システムやで、七対子」「この人が言うんだからそうなんだろうw」とコメントが連投された。

 その直後、U-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)が8筒をツモ切り、土田の予言通り“新鮮素材”でアガリ逃しの格好になると日吉は「8筒!新鮮素材!ピチピチと跳ねている!」と絶叫、コメントも「新鮮だったwww」「ピチピチw」「鮮度が命だーーー」「結果論的だがオカルト読み冴えてるやんw」「つっちー本当に何が見えてるの」と沸いた。

“七対子専門家”の予想的中!単騎待ちは「新鮮素材」オカルト発揮にファン爆笑「鮮度の話w」/麻雀・Mリーグ

 “漫才実況”とも評されるこの2人の掛け合いはこの場面以外にも数多く、この局の前、南1局には土田が「麻雀を打っていて、シャンテン数を考えたことがない。自分のやりたいことをやるだけ。人生と一緒ですね」という持論を展開すると日吉が「哲学が強いですね今日は」と笑いながらツッコミを入れるという、息の合った流れもあった。

 土田は七対子や四暗刻といったいわゆる「対子手」を得意として、数々のタイトルを手にしたレジェンド。その土田が語る新説、また日吉との掛け合いに、視聴者は大いに盛り上がっていた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】待ち牌について持論を展開する土田浩翔
【動画】待ち牌について持論を展開する土田浩翔
【動画】悩む顔も美しい瑞原明奈
【動画】悩む顔も美しい瑞原明奈