百花繚乱!華やかで熱い女性選手4人のバトルが勃発 勝利の女神になるのは誰だ/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 Mリーグ機構は「大和証券Mリーグ2021」10月22日の第1試合に出場する4選手を発表した。この試合は女性選手4人が集まる「勝利の女神」バトル。女の意地をぶつけ合う、激しい戦いになることが予想される。さらに全員が同じ日本プロ麻雀連盟所属という先輩・後輩対決でもある。先輩の威厳を示すか、後輩の下剋上か。華やかな火花が散る対戦だ。

【中継】大和証券 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

 EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)は、姉の瑠美(連盟)とともに、長く人気女流雀士として業界を牽引してきた。同卓する後輩たちも、この姉妹がいなければ、プロ雀士になっていなかったかもしれない、というほど象徴的な存在でもある。年々、Mリーグには女性選手が増えているが、その戦いぶりと人気は今も色褪せない。

 キャリアで亜樹に次ぐのが、セガサミーフェニックスの魚谷侑未(連盟)。一昨年の個人MVPでもわかるように、その雀力は男性・女性問わずトップクラスであることが証明されている。日本プロ麻雀連盟の女流最高峰タイトル・女流桜花は、亜樹と並んで2度獲得。プロ意識も高く、当然のようにこの卓も支配しに行く。

 モデルでもあるKADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳(連盟)だが、そのエンタメ性の高さは維持しつつ、着実に雀力も向上させている。デビュー年度と比較すれば、落ち着いた打ち回しも多く、ファンからの評価も上がり続けている。登場シーンからファンの目を釘付けにしているだけに、目指すは今期初トップを取って、笑顔での勝利報告だ。

 今期からMリーグに参戦しているKONAMI麻雀格闘倶楽部の伊達朱里紗(連盟)。声優でも活躍しているが、ここ数年で一気に雀力を向上させ、周囲の評価も急上昇。度胸もあり、Mリーグの舞台でも堂々とした戦いぶりが続いている。アニメ声での発声、点数申告など、他の選手が持ち合わせない特徴もある。今夜はどんな高打点を申告するか。

【10月22日第1試合】

EX風林火山・二階堂亜樹(連盟) 個人14位 +12.2
KADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳(連盟) 個人23位 ▲37.7
KONAMI麻雀格闘倶楽部・伊達朱里紗(連盟) 個人18位 ▲16.4
セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟) 個人7位 +42.0

【10月21日終了時点での成績】

1位 TEAM雷電 +164.4(10/90)
2位 赤坂ドリブンズ +114.9(10/90)
3位 セガサミーフェニックス +18.0(10/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +5.3(12/90)
5位 渋谷ABEMAS ▲9.7(12/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲64.0(12/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲72.9(12/90)
8位 EX風林火山 ▲156.0(10/90)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【中継】大和証券 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス
【中継】大和証券 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス