「タイトル戦優勝と同じくらい嬉しい!」伊達朱里紗、Mリーグ初勝利!試合直後から「伊達ちゃん」がトレンド入り/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 このトップは格別だ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月22日の第1試合、KONAMI麻雀格闘倶楽部・伊達朱里紗(連盟)が初トップを挙げ、「タイトル戦優勝と同じくらい嬉しい」と喜びを爆発させた。

【動画】初トップに笑顔が弾ける伊達朱里紗

 この試合の対局者はEX風林火山・二階堂亜樹(連盟)、セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)、伊達、KADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳(連盟)の並びでスタート。同じ団体の先輩女性雀士3人を相手に戦う伊達は「いろんな対局で対戦しているので、普段よりリラックスして打てました」と試合後に語ったように、序盤から落ち着いた戦いぶりで、東3局の親番では7800点のツモアガリを決め、トップ目に立つ。

 その後、二階堂に逆転されたが南1局に再び伊達にチャンス手が入る。8巡目に七対子をテンパイすると、發待ちで即リーチ。すると岡田が三万をアンカンし、新ドラの南が、伊達の七対子に2枚乗った。

 13巡目、岡田が満を持して追っかけリーチ。これに手詰まりとなった魚谷が發の暗刻落としを選択し、伊達は出アガリ。リーチ・七対子・ドラ2・裏ドラ2で1万2000点のアガリとなり、二階堂をかわして伊達が再びトップ目へ。

 南3局1本場は親番で役満・四暗刻をテンパイするも、危険牌を掴むとなんとベタオリ。そのオリた牌はリーチに当たりで、この新人離れした抜群の勝負勘、冷静さは見る者を驚かせた。その局は二階堂に満貫をツモられ、南4局は逆転を目指すことに。するとこのオーラス、二階堂が岡田に親満貫を放銃するという望外の展開で伊達が再逆転。南4局1本場は二階堂が2着を決めるアガリ、これで伊達のMリーグデビュー後初トップが確定した。

 インタビューで伊達はまず“がらくたポーズ”を決め、それから「タイトル戦を優勝したくらい嬉しい」と幸せいっぱいの表情を浮かべた。勝負を振り返り、跳満のアガリとなった南1局の七対子では「生牌ならオリ打ちもあるかなと思って」と思考を語り、実際に魚谷は暗刻落としだったこともあり、ここでも新人離れした実力を披露した形となった。これには視聴者からも「降りうちまで見えてたのか」「思考がしっかりしてていいね」「コナミのエースだな」「麻雀のセンスありすぎる」と驚愕のコメントが多数投稿された。

「タイトル戦優勝と同じくらい嬉しい!」伊達朱里紗、Mリーグ初勝利!試合直後から「伊達ちゃん」がトレンド入り/麻雀・Mリーグ

 インタビューの最後、ファンに向けては「チームがちょっと苦しい状況だったのですが、ついに2勝目を挙げることができました。これからガンガン上り調子で昇っていくので、応援よろしくお願いします」と天を指差し好調宣言。

 この活躍により“伊達ちゃん”がTwitterでトレンド入り。期待の新人の嬉しい初トップに視聴者も「ニューヒロイン誕生!」「まじで女流の域を超えた才能あるよな」「おめでとう!!!!!!!!」と改めてエールを送っていた。

【第1試合結果】

1着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・伊達朱里紗(連盟)4万700点/+60.7
2着 EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)4万100点/+20.1
3着 KADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳(連盟)2万300点/▲19.7
4着 セガサミーフェニックス・魚谷侑未(連盟)-1100点/▲61.1

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】初トップに笑顔が弾ける伊達朱里紗
【動画】初トップに笑顔が弾ける伊達朱里紗
【動画】役満を捨てて放銃回避した伊達のミラクルセーブ
【動画】役満を捨てて放銃回避した伊達のミラクルセーブ