伊達朱里紗、役満テンパイ諦め放銃回避のミラクルセーブ ビタ止めに視聴者も驚愕「これは伝説」
番組をみる »

 ツモれば4万8000点。オリるなんてあり得ない、そのはずだった。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月22日の第1試合で、KONAMI麻雀格闘倶楽部・伊達朱里紗(連盟)が役満・ツモリ四暗刻をテンパイするもダマテン。そしてライバルの危険牌を持ってくるとこれを諦め、手を崩すという場面があり、これに視聴者、実況と解説もビックリ。新人らしからぬクレバーな選択に注目が集まった。

【動画】役満を捨てて放銃回避した伊達のミラクルセーブ

 場面は南3局1本場。まず8巡目、KADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳(連盟)がドラ2枚の手をテンパイし即リーチ。それに対して現状トップ目の伊達は11巡目に追い付き、なんとその形が北と4索待ちの、ツモれば四暗刻、4万8000点だ。出アガリ時の打点アップやライバルの抑え付けのためにリーチもあるが、ここはダマテンを選択。実況の渋川難波(協会)は「四暗刻出るかも!」と絶叫し、今期初役満のチャンスに期待が高まった。

 その後、EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)がタンヤオ・赤3のテンパイを果たし、3者がテンパイ、そのどれもが大物手と、この試合最大の勝負所に発展した。15巡目、伊達が岡田のアガリ牌である五万を持ってくると、これを長考。自分はツモれば4万8000点、ロンでも1万2000点という、年間通じてもそう多くは出会えない超大物手だ。しかし、大方の予想を覆し、なんと伊達は北を抜いてオリへ。

伊達朱里紗、役満テンパイ諦め放銃回避のミラクルセーブ ビタ止めに視聴者も驚愕「これは伝説」

 この選択に実況の松嶋桃(協会)は「うわああああ」と声にならない声、そして渋川も「えらすぎる!よく止めますね!四暗刻張ってるんですよこっちは!」と驚きの声を上げた。視聴者もこの伊達の打ち筋には驚愕、そして感動さえ覚え、「プロの一打だったな」「胆力やばい」「女流いちばんだw」「これは伝説」「天才すぎる」「MVP!」と多数の感想をコメント欄に書き込んでいた。

 結果は二階堂のツモアガリとなり、伊達は逆転を許す形となったが、オーラスに順位は逆転、伊達はこの局の我慢が奏功し、Mリーグデビュー後初のトップを飾った。親の役満を諦めるという胆力、そして絶妙な勝負勘。声優兼業の雀士として話題を集めた伊達だが、ここまでの試合内容は誰もが認めるところ、着実にプロ雀士としての道を歩み始めている。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】初トップに笑顔が弾ける伊達朱里紗
【動画】初トップに笑顔が弾ける伊達朱里紗
【動画】役満を捨てて放銃回避した伊達のミラクルセーブ
【動画】役満を捨てて放銃回避した伊達のミラクルセーブ