高宮まり、ベテラン3人に“女神パンチ”でメロメロラッシュ ファンも「最高の一日」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 歴戦のベテラン相手に、強烈なパンチをお見舞いだ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月22日の第2試合で、KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)がトップを獲得。第1試合でデビュー後初の勝利を飾った伊達朱里紗(連盟)に続き、チームの同日2連勝の立役者となった。

【動画】高宮まりが今期初トップでニコニコ

 この試合の対局者は高宮、EX風林火山・勝又健志(連盟)、KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠(連盟)、セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)の並びでスタート。高宮は東3局、満貫をツモってトップ目の勝又へ競り掛ける。

 そして迎えた南1局の親番、沢崎からリーチを受けるも、234の三色同順確定の形でテンパイすると、カン3索という待ちでも果敢にリーチ。これをツモってリーチ・ツモ・三色同順・裏ドラの1万2000点、“女神パンチ”でベテラン3人を置き去りにする並びとなった。この親満貫には視聴者も「やっぱり強気の麻雀は面白い」「これをツモるとは」「まりしゃんかっこいい!」と沸き立った。

 南3局はさらに満貫をツモって、手持ちは6万点以上と圧倒的なリードで南4局を迎えた高宮。1本場となり近藤、沢崎の2軒リーチに攻め立てられると、高宮は親の近藤に中筋、沢崎には無筋の6索を選択。これがなんとダブロン、沢崎の頭ハネでゲーム終了というご愛敬で、高宮は今期初トップを獲得した。

 インタビューに訪れた高宮は「最悪のオリ打ちをするところでしたね」と、頭ハネで親への放銃が免れたことに安堵した。また伊達の初トップから勝ち運を引き継いだこの日の流れには「ここでラスを引いたら申し訳ない、トップを取っていい雰囲気になったので、私も頑張りたいなと」と試合前の決意を明かした。

高宮まり、ベテラン3人に“女神パンチ”でメロメロラッシュ ファンも「最高の一日」/麻雀・Mリーグ

 エース佐々木寿人(連盟)、そして滝沢和典(連盟)の“タキヒサ”を擁すチームだが、この日はそのいずれも登板せず女性選手で2連勝、トータル順位も最下位から5位に浮上し、大きくポイントを戻すことに成功した。最後はファンに向けて「応援してくださっている方にとって嬉しい一日になったと思います。チーム一同、頑張って参りますので、応援よろしくお願いします」と深々と一礼した。

 跳満を振り込んでも逃げ切りトップとなる超攻撃的な麻雀こそ、まさにチームカラー。しっかり腕を振って攻め切った高宮に、「さすがコナミ人気ナンバーワン」「おめでとうございます!」「まりしゃんいいねー」「結婚してください」と視聴者からは活躍を褒め称える声が連投されていた。

【第2試合結果】

1着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)4万5500点/+65.5
2着 セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)2万2400点/+2.4
3着 EX風林火山・勝又健志(連盟)1万9500点/▲20.5
4着 KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠(連盟)1万2600点/▲47.4

【10月22日終了時点での成績】

1位 EX風林火山 +164.0(12/90)
2位 セガサミーフェニックス +56.2(12/90)
3位 渋谷ABEMAS +5.3(12/90)
4位 U-NEXT Pirates ▲9.7(12/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲29.8(12/90)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲49.1(12/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲64.0(12/90)
8位 TEAM雷電 ▲72.9(12/90)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】高宮まりが今期初トップでニコニコ
【動画】高宮まりが今期初トップでニコニコ
【動画】高宮まりのかわいいくしゃみ
【動画】高宮まりのかわいいくしゃみ