豪運・萩原聖人、リーグ初“奇跡の役満”天和を惜しくも逃し苦笑い「そこは天和でしょ」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 確率は約33万分の1と、奇跡の役満とも言われる「天和」。TEAM雷電・萩原聖人(連盟)が、その天和を惜しくも逃して試合後のインタビューで苦笑いを浮かべた。

【動画】萩原聖人、役満・天和の大チャンス到来

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」10月26日第1試合は、起家からセガサミーフェニックス・東城りお(連盟)、KADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳(連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・滝沢和典(連盟)、萩原の並びでスタートした。序盤から思うように手が進まずに苦戦する萩原だったが、自身が親の南4局、東城からタンヤオ・赤2の5800点をもぎ取ると、これで流れを引き寄せたか、続く南4局1本場、実況も「え!?ちょっと待って」と驚くほどの絶好手が入る。カメラに映し出されたのは、既にテンパイした配牌。つまり、第1ツモでアガリ牌を手繰り寄せられれば天和となるわけだ。

 Mリーグは今期から日清食品がスポンサーとなっており、「地和」をアガった選手には「日清焼そばU.F.O.一生分」が贈られる。奇しくもこの日は、2018年の同日に佐々木寿人(連盟)が国士無双、2019年の同日には瀬戸熊直樹(連盟)が四暗刻、2020年の同日には滝沢がMリーグ非公認のローカル役満・四連刻をアガったことで「Mリーグ・役満の日」として試合開始前から話題に。前日の実況では日吉辰哉(連盟)が「地和は明日出る」と予想していたこともあり、日清焼そばU.F.O.の公式Twitterでも「待機してます」とのつぶやきがあった。

豪運・萩原聖人、リーグ初“奇跡の役満”天和を惜しくも逃し苦笑い「そこは天和でしょ」/麻雀・Mリーグ

 8筒をツモれば天和。ただ、注目の第1ツモは同じピンズながらも2筒であり、奇跡の役満を逃した萩原はダブルリーチをかけて1万2000点(+300)のアガリ。結果的には、善戦及ばず3着で終了した。試合後のインタビューでは、試合前にチームメイトの黒沢咲(連盟)から「ダブリー」を期待されながら送り出されたことを告白。すぐさま「そこは天和でしょ」「なんでダブリーって言ったの」と苦言を呈し、「本当にそうなりました」「そういうことなんですよ、言霊って」とも続けてインタビュアーを笑わせた。試合中、実況では日清食品による地和のご祝儀に対して「天和だったら、どうなんだろう」とのやり取りもあった。惜しくも歴史的瞬間は訪れなかったが、今後、奇跡が降臨することを期待したいものである。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】萩原聖人、役満・天和の大チャンス到来
【動画】萩原聖人、役満・天和の大チャンス到来
【動画】発生確率33万分の1「奇跡の役満」天和の大チャンス
【動画】発生確率33万分の1「奇跡の役満」天和の大チャンス