藤井聡太三冠、勝てば最年少四冠に王手 2日制対局に「徐々に慣れてきた」と手応え/将棋・竜王戦七番勝負
番組をみる »

 将棋藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)が10月30日から、竜王戦七番勝負第3局で豊島将之竜王(31)と対戦する。第1局、第2局と連勝し、タイトルの奪取、さらに史上最年少の四冠にあと2勝と迫っているが、持ち時間8時間の2日制という長丁場の経験も多く積んだことで「徐々に慣れてきた」と手応えを口にし、より自然体で対局に臨む構えを見せた。

【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 1日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠

 藤井三冠は今期、棋聖、王位、叡王、竜王と4つのタイトル戦に出場しているが、お~いお茶杯王位戦七番勝負は、竜王戦七番勝負と同じ、持ち時間8時間の2日制対局。王位戦では5局指し、竜王戦の2局と合わせ、今年度だけで7局指した。「2日制の対局は長いので、体力的に大変なところはありますけど、徐々に慣れてきたところはあるかなと思っています」とコメント。昨期、王位初挑戦の際は、まさに疲労困憊といった様子だったが、それと比べれば格段にスタミナがアップした。もともと順位戦などの長時間対局でも変わらぬ強さを見せていたが、2日がかりの対局のペースを掴んだことで、さらに安定したパフォーマンスが発揮できているようだ。

 第1局は逆転勝ち、第2局は中盤の入り口あたりから抜け出し快勝を収めた。先手番で迎える第3局を制すれば、一気に初の竜王に王手がかかる。「スコアは意識せずに臨もうと思っています。これまでと同じように一手一手に集中したいです」と、いつもと変わらぬ言葉が返ってくるあたりも、充実ぶりを示している。最年少での四冠、さらに将棋界の頂点へ。落ち着き払った19歳が、さらにその歩みを進めるか。
ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 1日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 1日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 1日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠(マルチアングル放送)
【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 1日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠(マルチアングル放送)