藤井聡太三冠、勝てば最年少四冠に王手の一局 戦型は「角換わり」に 豊島将之竜王に4連勝中/将棋・竜王戦七番勝負
番組をみる »

 将棋藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)が10月30日、竜王戦七番勝負第3局で、豊島将之竜王(31)と現在対局中だ。第1局、第2局と連勝している藤井三冠は、本局に勝利すれば竜王奪取、さらに史上最年少での四冠に王手がかかる。注目の戦型は「角換わり」になった。

【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 1日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠

 藤井三冠は今年度、タイトル戦で棋聖と王位の防衛に成功、さらに叡王を奪取して、渡辺明名人(棋王、王将、37)と並んで、現在最多の三冠保持者となった。また王位と叡王は、豊島竜王との対戦にもなり、今回のシリーズが今年度3つ目のタイトル戦となっている。

 豊島竜王にはデビュー直後から6連敗を喫したこともあり“天敵”“大きな壁”とも言われてきたが、今年度戦っている3つのタイトル戦では9勝3敗とリードし現在は4連勝中。通算でも10勝9敗とついに勝ち越した。渡辺名人、永瀬拓矢王座(29)を加えた他のタイトルホルダー全員に対して勝ち越しに成功するなど、頭一つ抜け出す存在になりつつある。

 多くの棋士たちが、2人の対局に注目する中、今年度指された12局は相掛かり(7局)、角換わり(5局)のどちらかで、本局も戦型は角換わりに。これで両者間では直近6局連続で相掛かりだったため、7局ぶりの角換わり戦となった。

 藤井三冠は同シリーズを制した場合、羽生善治九段(51)が持つ最年少四冠記録、22歳9カ月を3歳以上更新、史上初の10代四冠を達成するほか、最高峰タイトルである竜王も手にすることで序列でも1位に立ち、まさに将棋界の頂点になる。

 持ち時間は各8時間の2日制で、先手は藤井三冠。ABEMAでは、この対局を終了まで生放送する。また、カメラ視点を切り替えられるマルチアングル放送も実施している。

【昼食の注文】

豊島将之竜王 いわき七浜海鮮丼 藤井聡太三冠 サンシャイントマト香る麓山高原豚ロース勝つカレー、生搾り無添加ジュース(柑橘ミックス)

【昼食休憩時の残り持ち時間】

豊島将之竜王 7時間(消費1時間) 藤井聡太三冠 5時間52分(消費2時間8分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 1日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 1日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 1日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠(マルチアングル放送)
【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 1日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠(マルチアングル放送)