まだまだ互角の第3局 藤井聡太三冠、3連勝で最年少四冠に王手なるか 豊島将之竜王が巻き返しか/将棋・竜王戦七番勝負
番組をみる »

 将棋藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)が10月31日、竜王戦七番勝負第3局で、豊島将之竜王(31)と現在対局中だ。角換わりで始まった一局は、2日目の昼食休憩を迎えたところで形勢は互角、残りの持ち時間もほぼ同じだ。藤井三冠は本局に勝利すれば竜王奪取と、最年少四冠記録の更新に王手がかかる。豊島竜王にとっては無冠の危機も訪れているだけに、絶対に落とせない一局だ。

【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠

 お~いお茶杯王位戦七番勝負、叡王戦五番勝負に続き、両者間で今年度3つ目のタイトル戦となっているこの竜王戦七番勝負。藤井三冠が王位戦で4勝1敗、叡王戦で3勝2敗といずれも制し三冠保持者になったのに対し、豊島竜王は挑戦失敗、防衛失敗となり、現在は竜王の一冠のみ。3連覇を目指すシリーズは、無冠への陥落にもつながる厳しい戦いになっている。

 居飛車党の両者による戦いは、現在の将棋界をリードするものになっており、数多く指されている相掛かりについては、棋士の間でのトレンドにもなりつつある。またかなり研究が進んだと言われた角換わりも採用されたことで、新たな可能性についても研究・検討が続いている。本局も両者の対局としては7局ぶりに角換わりに。序盤で銀がぶつかり激しい展開になった1日目を終え、2日目も中盤の主導権の争いに。昼食休憩までに、55手目まで進行している。

 持ち時間は各8時間の2日制で、先手は藤井三冠。ABEMAでは、この対局を終了まで生放送する。また、カメラ視点を切り替えられるマルチアングル放送も実施している。

【昼食の注文】

豊島将之竜王 伊達鶏そばといわきとっくり芋のとろろ飯 藤井聡太三冠 いわきの魚とじゅうねんの天ざるそば

【昼食休憩時の残り持ち時間】

豊島将之竜王 2時間37分(消費5時間23分) 藤井聡太三冠 2時間7分(消費5時間53分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠