藤井聡太三冠、勝てば最年少四冠に王手の一局 終盤に向けて優勢に 豊島将之竜王、踏ん張るか/将棋・竜王戦七番勝負
番組をみる »

 将棋の竜王戦七番勝負第3局の2日目が10月31日に行われ、豊島将之竜王(31)と藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)が現在対局中だ。午後5時の時点までに65手目まで進行し、形勢は藤井三冠が優勢に。残り持ち時間には、大きな差がない。藤井三冠は、勝てば最年少での四冠に王手となる一局。豊島竜王にとっては、落とせば無冠の危機となるカド番に追い込まれる。息詰まる最終盤で、勝利へと抜け出すのはどちらか。

【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠

 第1局、第2局ともに藤井三冠が勝利して迎えた第3局は、両者間では7局ぶりとなる角換わりの出だしに。1日目は序盤から前例を離れ激しい展開になると、両者100分を超えるような長考合戦に。封じ手の時点でも形勢は全くの互角で、1日目を終了した。明けて2日目も、難解な中盤での主導権争いが続いたが、先に抜け出したのは藤井三冠。自玉の安全度を確保しながら、豊島を切り崩す攻めの手がつながり、ABEMAで解説している井出隼平五段(30)も「見た目以上に苦しい」と、豊島竜王の苦戦を指摘している。また「SHOGI AI」も藤井三冠の勝率を70%前後で表示している。

 藤井三冠は本局に勝利すると、竜王奪取に王手がかかり、羽生善治九段(51)が持つ最年少四冠記録、22歳9カ月の更新にもあと1勝と迫る。また豊島竜王は、2018年度に棋聖を獲得して以来、王位、名人、竜王、叡王とタイトルを獲得。ただ同シリーズで竜王を失えば、初タイトル獲得以来となる無冠となる。一冠死守のためにも、まずは本局で1勝をもぎ取りたいところだ。

 持ち時間は各8時間の2日制で、先手は藤井三冠。ABEMAでは、この対局を終了まで生放送する。また、カメラ視点を切り替えられるマルチアングル放送も実施している。

【午後5時時点の残り持ち時間】

豊島将之竜王 30分(消費7時間30分) 藤井聡太三冠 48分(消費7時間12分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠