豊島将之竜王、3連敗でカド番に「基本的には自信がなかった」無冠転落の危機/将棋・竜王戦七番勝負
番組をみる »

 将棋の竜王戦七番勝負第3局が10月30、31日に行われ、3連覇を目指す豊島将之竜王(31)が挑戦者の藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)に93手で敗れ、同シリーズ3連敗を喫した。竜王を失えば無冠になるという厳しいシリーズながら、巻き返しのきっかけをつかめない3連敗で、早くもカド番に追い込まれた。

【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠

 第1局の逆転負け、第2局の完敗から巻き返しを誓っていた豊島竜王だが、第3局は両者間では7局ぶりとなる角換わりの出だし。豊島竜王の方から強気に互いの銀をぶつける手を選び前例を離れると、そこからは難解な中盤戦に突入し、両者長考合戦に。全くの互角で1日目を終えた。明けて2日目も、均衡が保たれたまま中盤を経過していったが、勝負どころで先に抜け出されると、そこからは一気に形勢が悪化。挽回の間もなく投了した。

 対局後、豊島竜王は「難しかったかもしれないですが、基本的には自信がなかったです。どこからはっきり悪くしたかわからないんですけど。(封じ手時点でも)ちょっとあまり自信が持てなかったです。2二角を打たれて厳しいと思いました」と、周囲の評判以上に苦戦を感じていたとコメント。次局については「内容をよくしていって、一局でも多く指せるようにと思います」と、言葉少なだった。

 これで今年度、3つのタイトル戦で藤井三冠と戦ったが、お~いお茶杯王位戦七番勝負で1勝4敗、叡王戦で2勝3敗、そしてこの竜王戦で0勝3敗。「十九番勝負」とも呼ばれた戦いでも、3勝10敗と大きく離された。あと1敗すれば無冠に転落し、将棋界のトップ集団からも一歩遅れを取ることになる豊島竜王。意地と誇りをかけた第4局の巻き返しが見られるか。
ABEMA/将棋チャンネルより)

第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
第34期 竜王戦 七番勝負 第三局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠