デジタル写真集第3弾、発売記念!?高宮まり、岡田紗佳が卓上でバトル/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 Mリーグ機構は「大和証券Mリーグ2021」11月8日の第1試合に出場する4選手を発表した。注目はKONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)と、KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳(連盟)の対決。前日、2人によるデジタル写真集の第3弾が発売されたばかりで、どちらも美貌と抜群のスタイルを惜しみなく披露しているが、Mリーグの舞台ではどんなバトルを繰り広げるか。

【中継】大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

 高宮と岡田によるデジタル写真集「牌×牌」は、昨年2月に第1弾がリリース。好評につき10月には第2弾もリリースされていた。さらに前日8日に、ファン待望の第3弾のリリースが開始に。小柄ながらもグラドル顔負けのスタイルを誇る高宮と、現役モデルとして活躍し「役満ボディー」とも言われる岡田の共演で、麻雀ファンのみならず、多くのファンを獲得している作品だ。また8日は高宮の誕生日。バースデートップを目指したいところだが、岡田も個人、そしてチームのために勝利だけは譲れない。

 この2人に負けない人気を誇るのがセガサミーフェニックスの東城りお(連盟)。スレンダーなスタイルと整ったルックスでグラビアなどでも活躍。高宮、岡田に匹敵する人気の持ち主で、ファン投票などでもこの3人がトップを占める。

 美女3人に囲まれて打つことになったのが赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦)。プライベートで打つなら、男性ファンにうらやましがられるところだが、今の村上には三方、華という状況に気を散らしている暇はない。過酷な4連続箱ラスという泥沼から抜け出すためにも、容赦なく前に突き進む。

【11月9日第1試合】

赤坂ドリブンズ・村上淳(最高位戦) 個人32位 ▲316.0
KADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳(連盟) 個人23位 ▲43.9
KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟) 個人20位 ▲29.6
セガサミーフェニックス・東城りお(連盟) 個人17位 +16.1

【11月8日終了時点での成績】

1位 EX風林火山 +398.8(22/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +155.4(20/90)
3位 U-NEXT Pirates +23.8(22/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲31.0(22/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲43.2(20/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲137.8(20/90)
7位 TEAM雷電 ▲175.1(22/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲190.9(20/90)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【中継】大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス
【中継】大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス