藤井聡太三冠、封じ手は「△4五同銀」形勢はほぼ互角 豊島将之竜王は巻き返しなるか 対局再開/将棋・竜王戦七番勝負
番組をみる »

 将棋の竜王戦七番勝負第4局が11月13日に2日目を迎えた。前日12日に藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)が封じた74手目が午前9時ごろに開封された。封じ手は「△4五同銀」。その後、豊島将之竜王(31)の手番で対局が再開された。封じ手時点で形勢はほぼ互角、持ち時間では約20分、藤井三冠がリードしている。

【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第四局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠

 豊島竜王は3連覇、藤井三冠は初の竜王と最年少四冠を目指して始まった同シリーズは、第1局で藤井三冠が逆転勝利を収めると、勢いそのままに第2局、第3局も藤井三冠が勝利。3連勝で早くも竜王奪取に王手をかけた。本局に藤井三冠が勝利すれば、羽生善治九段(51)が持つ最年少四冠記録、22歳9カ月を3歳以上更新する19歳3カ月で達成、史上初の10代四冠となる。カド番に追い込まれている豊島竜王は、負ければ無冠転落の危機だが、七番勝負では過去に2例ある「3連敗4連勝」という大逆転劇を目指して、諦めずに戦い続ける構えだ。

 今年度、両者間では15局目となる対局は、角換わりからスタート。研究が進んでいる戦型とあって1日目の午前中には昼食休憩までに64手目まで進むハイペースだったが、午後に入ると一転して長考合戦に。昼食休憩を終えた午後1時30分から封じ手の午後6時までの4時間30分で、わずか9手分しか進まなかった。

 形勢としては、ほぼ互角ではあるものの、中継しているABEMAの「SHOGI AI」では藤井三冠の勝率を59%と表示。やや指しやすくなっている模様だ。第2局、第3局でも封じ手時点では、わずかに藤井三冠が先行気味というところから、そのまま差を広げながら勝ち切っているだけに、豊島竜王としてはこの勝負どころでしっかりと食らいつきたい。局面としては既に中盤の真っ只中で、いつ終盤に突入しても不思議ではない。

 持ち時間は各8時間の2日制で、先手は豊島竜王。ABEMAでは、この対局を終了まで生放送する。また、カメラ視点を切り替えられるマルチアングル放送も実施している。

【封じ手時の残り持ち時間】

豊島将之竜王 4時間12分(消費3時間48分) 藤井聡太三冠 4時間31分(消費3時間29分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第四局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第四局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第四局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠(マルチアングル放送)
【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第四局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠(マルチアングル放送)