藤井聡太三冠、勝てば最年少四冠 形勢ほぼ互角で勝負の2日目午後へ カド番・豊島将之竜王の反撃届くか/将棋・竜王戦七番勝負
番組をみる »

 将棋藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)が11月13日、竜王戦七番勝負第4局で豊島将之竜王(31)と現在対局中だ。藤井三冠はこの対局に勝利すれば、羽生善治九段(51)が持つ最年少四冠記録、22歳9カ月を大幅に更新する19歳3カ月での四冠を達成する。2日目の昼食休憩時点で、形勢はほぼ互角、持ち時間では豊島竜王が約1時間リードしている。令和の天才棋士は、新たな快挙に向けて突き進むか。

【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第四局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠

 竜王奪取に王手をかけて始まった一局の出だしは角換わり。今年度、豊島竜王とは15局目となるが相掛かりが8局、角換わりが今回で7局目となった。お互い深く研究を進めている戦型からか、1日目の午前中だけで64手目まで進行したが、激しい中盤に突入すると、指し手は急激にペースダウン。昼食休憩明けから封じ手までの4時間30分ではわずか9手しか進まなかった。

 明けて2日目、藤井三冠の封じ手から再開した対局も、激しい駒のぶつかり合いが続き、昼食休憩の時点で84手目まで進行。形勢はほぼ互角ながら、棋士の間では「後手(藤井三冠)を持って指したい」という声も出始めている。第2局、第3局同様にそのまま押し切るか、それともカド番に追い込まれた豊島竜王が踏ん張るか。既にいつ終盤に突入してもおかしくない局面だけに、どちらか一方に急激に形勢が傾く可能性も大いにある。

 持ち時間は各8時間の2日制で、先手は豊島竜王。ABEMAでは、この対局を終了まで生放送する。また、カメラ視点を切り替えられるマルチアングル放送も実施している。

【昼食の注文】

豊島将之竜王 高森ハーブ鶏の親子丼 藤井聡太三冠 山口名物ふくフライカレー

【昼食休憩時の残り持ち時間】

豊島将之竜王 3時間13分(消費4時間47分) 藤井聡太三冠 2時間11分(消費5時間49分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第四局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第四局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第四局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠(マルチアングル放送)
【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第四局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠(マルチアングル放送)