藤井聡太三冠、最年少四冠なるか 第4局は佳境へ 形勢は互角も持ち時間は豊島将之竜王が2時間リード/将棋・竜王戦七番勝負
番組をみる »

 将棋藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)が11月13日、竜王戦七番勝負第4局で、豊島将之竜王(31)と現在対局中だ。注目の一局もいよいよ大詰めに差し掛かる中、形勢は互角。ただ残りの持ち時間では豊島竜王が2時間以上リードする展開になっている。藤井三冠が勝てば、史上最年少での四冠達成となるが、熱戦はどんな結末を迎えるか。

【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第四局 1日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠

 第1局から藤井三冠が3連勝し、タイトル奪取に王手をかけて迎えた第4局。角換わりの出だしで始まると、1日目の午前中はかなりのハイペースで進んだが、早々と中盤に突入したことで、午後に入りペースダウン。盤の中央で起きた激戦から抜け出す策を見つけ出そうと、じっくりと時間をかけて考え続けると、74手目を藤井三冠が封じ手として1日目を終えた。

 藤井三冠の方がやや指しやすいかという状況で始まった2日目は、藤井三冠の玉頭近くで激しい駒のぶつかり合いが続いたが、ペースを握り始めたのは藤井三冠の方。豊島竜王の攻めに対してうまく対応すると、攻めの手番が回ってきたところで、逆に豊島玉の上部付近に戦力を集中した。ただ、豊島竜王にも再度攻めのチャンスが回っており、形勢は互角に戻った。

 持ち時間は各8時間の2日制で、先手は豊島竜王。ABEMAでは、この対局を終了まで生放送する。また、カメラ視点を切り替えられるマルチアングル放送も実施している。

【午後4時30分時点での残り持ち時間】

豊島将之竜王 2時間25分(消費5時間35分) 藤井聡太三冠 9分(消費7時間51分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第四局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第四局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第四局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠(マルチアングル放送)
【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第四局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠(マルチアングル放送)