藤井聡太三冠、初の竜王奪取&最年少四冠に羽生善治九段も祝福「これからもどんな将棋を指すか楽しみ」
番組をみる »

 将棋藤井聡太三冠(王位、叡王、棋聖、19)が11月12、13日に行われた竜王戦七番勝負第4局で豊島将之竜王(31)に勝利し、4勝0敗のストレートで竜王奪取に成功、10代としては初、史上最年少19歳3カ月での四冠を達成した。これまでの記録22歳9カ月を保持していた羽生善治九段(51)は、日本将棋連盟を通じて「これからもどんな将棋を指すか楽しみにしています」とコメントを発表した。

【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第四局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠

 タイトル99期に七冠独占、永世七冠など数々の大記録を打ち立ててきたレジェンド羽生九段だが、自身が持っていた最年少四冠記録を更新した令和の天才棋士に、絶賛のコメントを寄せた。「今回の竜王戦のシリーズは序盤の深い分析、中盤の細かい駆け引き、終盤の鋭い切れ味と実に高度な内容の対局が続きタイトル獲得にふさわしい内容のシリーズでした。これからもどんな将棋を指すか楽しみにしています」。豊島竜王という強敵を相手に、序盤・中盤・終盤と超ハイレベルな指し手を繰り返し4連勝で奪取したことを高く評価し、今後にも期待した。先日行われたALSOK杯王将戦の挑戦者決定リーグでは好勝負を繰り広げただけに、対局者としても今後の対戦を楽しみにしているようだ。

 また日本将棋連盟会長・佐藤康光九段(52)も「この度は初の竜王位獲得、史上最年少の四冠達成、誠におめでとうございます。度重なる激戦が続く中、勝ち続けられるパワーに敬意を表します。益々のご活躍を祈念いたします」とコメントを出した。

【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第四局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第四局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠
【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第四局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠(マルチアングル放送)
【中継】第34期 竜王戦 七番勝負 第四局 2日目 豊島将之竜王 対 藤井聡太三冠(マルチアングル放送)