「吹っ飛んだ」土俵下に転落の天空海、痛がる素振りはなく悔しそうな表情 元若乃花「良い立ち合い過ぎて、負けてしまった」
番組をみる »

大相撲十一月場所>◇初日◇14日◇福岡・福岡国際センター

 前頭十六枚目・佐田の海(境川)が前頭十六枚目・天空海(立浪)を押し倒しで下した。強烈な突きに敗れた天空海は勢い余って土俵の外で回転し、ファンから「大丈夫かよ?!」「吹っ飛んだ」「転がって行った」などの声が寄せられた。

【動画】吹っ飛ぶ天空海

 3場所ぶりの再入幕を果たした天空海。一方の佐田の海も5場所ぶりの再入幕となった。立ち合い、勢いよくぶつかっていった両者。天空海が前に出ていくも、佐田の海が逆襲に転じ、押し出しで勝利した。敗れた天空海は勢いよく落下し転倒したが、痛がるような素振りもなく、すぐさま立ち上がったものの、一瞬悔しそうな表情を浮かべた。

 取組を終えて、ABEMAで解説を務めていた元横綱・若乃花の花田虎上氏は「良い相撲過ぎて、前に出てきたのが天空海は良くなかったんじゃないですか。あたりも良いんですけど、佐田の海の方が低い体制でしたね」「やっぱり天空海は良い立ち合い過ぎて、負けてしまったんですよね。そういう時も実際、ありますから」とコメントしていた。(ABEMA/大相撲チャンネルより)

【動画】吹っ飛ぶ天空海
【動画】吹っ飛ぶ天空海