藤井聡太竜王、昇級圏内の2番手キープなるか 松尾歩八段との対局は「相掛かり」に/将棋・順位戦B級1組
番組をみる »

 将棋藤井聡太竜王(王位、棋聖、叡王、19)が11月16日、順位戦B級1組8回戦で、松尾歩八段(41)と現在対局中だ。A級昇級を目指す藤井竜王は、前回までの成績が6勝1敗で、7連勝の佐々木勇気七段(27)に次ぐ2番手。13人中、上位2人までが昇級できる戦いにおいて、しっかりと昇級圏内を維持できるか。戦型は「相掛かり」で始まった。

【中継】順位戦 B級1組 第8回戦 藤井聡太竜王 対 松尾歩八段

 通称「鬼の住処」とも呼ばれる激戦区、B級1組にはタイトル経験者や勢いのある若手など13人が参加。総当たりで1人12局を戦い、成績上位2人がA級に昇級する。藤井竜王は本局を含めて残り5局で、佐々木七段、6勝2敗で3番手の千田翔太七段(27)との直接対決も残っている。

 B級1組では、12局を戦った後、勝敗数が並んだ場合には、前期の成績を元にした順位が優先される。千田七段は7位、今期初参戦の藤井竜王は11位、佐々木七段は12位のため、3人が上位で並んだ場合は千田七段、藤井竜王が昇級する。

 1敗維持を目指す本局だが、今年度のタイトル戦でも多用してきた相掛かりを採用。プロの間でも、最近では非常に多く用いられている戦型だ。先日まで行われていた竜王戦7番勝負をはじめ、豊島将之九段(31)と戦った3つのタイトル戦でも、約半数が相掛かりだった。

 持ち時間は各6時間で、先手は藤井竜王。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

【昼食の注文】

藤井聡太竜王 薄切りポークと九条ネギのカレー 胡麻風味 松尾歩八段 豚しゃぶ(梅しそ)

【昼食休憩時の残り持ち時間】

藤井聡太竜王 5時間29分(消費31分) 松尾歩八段 4時間45分(消費1時間15分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】順位戦 B級1組 第8回戦 藤井聡太竜王 対 松尾歩八段
【中継】順位戦 B級1組 第8回戦 藤井聡太竜王 対 松尾歩八段
【動画】藤井聡太新竜王、誕生の瞬間
【動画】藤井聡太新竜王、誕生の瞬間