いったい誰がアガるんだ?4軒リーチ、ノーガードのぶつかり合いにファン大興奮「ガチンコの殴り合いや!!」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 4人全員、アガリ牌以外はツモ切りだ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」11月18日の第1試合、東4局で4軒リーチが成立、間合いをギリギリまで詰めた勝負に、視聴者は釘付けになった。

【動画】珍しい4軒リーチでの“殴り合い”

 先制リーチはトップ目のTEAM雷電・萩原聖人(連盟)。白と七万のシャンポンリーチだ。続いてKONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)がカン8筒の三色同順確定のリーチ、赤もありこれはツモれば跳満からという勝負手。場はすでに煮詰まったと判断し、3軒目はかねてからテンパイしていたセガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)が白待ちの七対子でリーチだ。そして4人目、松ヶ瀬もこれに追い付き1・4筒待ちでリーチ。これで4軒リーチの構図が完成した。

 思いがけない展開に視聴者は大興奮、コメント欄には「ノーガード殴り合いはじまったwww」「珍しい」「これはエンタメ」「初めて見たww」「めくりあいじゃあ」と思い思いの声が殺到した。

いったい誰がアガるんだ?4軒リーチ、ノーガードのぶつかり合いにファン大興奮「ガチンコの殴り合いや!!」/麻雀・Mリーグ

 決着は3巡後。萩原が松ヶ瀬のロン牌である1筒を掴み、リーチ・ドラの2600点をゲット。アガリより他家が出した供託のリーチ棒の方が高いという結果となった。

 全員が積極的に攻めたこのゲーム、リーチ回数はなんと全員合わせて20回。特に萩原は着順こそ3着に沈んだが、この試合だけで9回ものリーチをかけ、勝負を盛り上げた。この健闘ぶりにファンからは「リーチ回数9回!?!?!」「リーチ超人ハギー」と声が上がり、リーチ後に不運にも放銃となった場面を振り返って「ハギー気にすんな」「リーチ聖人いいね!」と声援も飛び交っていた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】珍しい4軒リーチでの“殴り合い”
【動画】珍しい4軒リーチでの“殴り合い”
【動画】伊達朱里紗、Mリーグ史上初の10万点トップ
【動画】伊達朱里紗、Mリーグ史上初の10万点トップ