里崎氏「体現する選手があってこそサインが輝く」 オリックス日本S進出を導いた“中嶋マジック”に
番組をみる »

 12日に行われたパ・リーグCSファイナル3戦目、オリックス・バファローズ対千葉ロッテマリーンズの一戦。劇的な“サヨナラ引き分け”でチームを日本シリーズ進出へと導いたオリックス・中嶋聡監督の名采配について、元ロッテの里崎智也氏が言及した。

【映像】オリックスが実行した“ミラクル・バスター”

 この試合、3回表にロッテが3番・中村奨吾のレフトへの犠牲フライで1点を先制すると、今度はオリックスが6回裏1死一塁から、2番・宗佑磨のホームランで逆転。しかしロッテは7回表、代打・佐藤都志也が鮮やかなセンター前タイムリーを放って2-2の同点とする。続く8回には、3回に先制打を放っている中村奨吾にホームランが飛び出し、ロッテが3-2と勝ち越しに成功。9回裏には守護神・益田直也をマウンドへと送り、そのまま逃げ切りを図った。

 しかし、オリックスはその益田から、5番・T-岡田、6番・安達了一の連続ヒットで無死一、二塁と攻め立て、バッターボックスに立ったのは守備から途中出場の小田裕也。小田は打席に入るなり送りバントの構えを見せ、ロッテ内野もバント処理に備える。しかし、益田の投じた初球、小田はバントの構えから強振するバスターを実行。引っ張ってワンバウンドした打球は前進していたファースト・三木亮の横を抜け、ライト線を破る同点タイムリーツーベースに。ステージ勝ち上がりが決まる試合で、9回裏に後攻チームが得点を記録し同点となった場合はコールド・ゲームとするルールにより、オリックスが日本シリーズ進出を決めた。

 この展開に里崎氏は、「今年、小田はヒット1本しか打ってませんから。『ここはさすがにバントだな』ってほぼ全員が思った中で、このバスター」と、まずはこの好機にロッテの裏をかく大胆な策に出た中嶋監督の采配に言及。また、「サインも素晴らしいですけども、それを体現する選手があってこそサインが輝くんで」と、失敗が許されない場面でバスターを成功させた小田を称賛した。

 さらに、この劇的なサヨナラが完成した背景にはロッテの“隙”があったといい、「(小田へのサインは)最初はバントだったらしいんですよ。でも、守るロッテ陣がバントシフトのサインでバタバタして、迷っているところに吉井コーチも出てきて。“間”ができるんですよね。今度、(小田がベンチの)サインを見たらバスターに変わっていたらしいんです」と説明。中嶋監督がその隙を突くかたちでサインを変えたことを紹介した上で、「あたふたしたところを中嶋監督に見抜かれて、サインを変えられての奇襲一本。隙を見逃さなかった中嶋監督、隙を見せてしまったロッテというところです」とコメントした。(ABEMAバズ!パ・リーグ』)

オリックスの“劇的2ランスクイズ”を里崎氏称賛
オリックスの“劇的2ランスクイズ”を里崎氏称賛
オリックス ピンチの芽を摘む“巧みなサインプレー”
オリックス ピンチの芽を摘む“巧みなサインプレー”
逆転優勝を目指す中で楽天オコエが“痛恨の送球エラー”
逆転優勝を目指す中で楽天オコエが“痛恨の送球エラー”