白鳥翔、すいすい飛行中 ラスに“着陸なし”の個人2勝目 放銃もなしの安定フライト/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 “らしい”戦いぶりでの、安定した勝利。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」11月23日の第1試合で、渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)が個人2勝目を飾った。

【動画】個人2勝目を振り返る白鳥翔

 この日は、起家からEX風林火山・二階堂瑠美(連盟)、白鳥、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)、赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)の並びで始まった。手役派、超攻撃派、技巧派と揃う卓の中で、白鳥は自身が親の東2局に9巡目でリーチ。これは惜しくもアガれなかったものの、続く東2局1本場でも7巡目でリーチをかけると、リーチ・ツモ・ドラ3・裏ドラの跳満・1万8000点(+300点、供託1000点)でトップへ躍り出た。

 一方、東2局2本場では瑠美が園田からリーチ・裏ドラ2の5200点(+600点)、東3局でも瑠美がタンヤオ・赤ドラをツモって2000点。南2局2本場では園田が白・リンシャンカイホウ・ドラ2・赤ドラ2の1万2000点(+600点)を手繰り寄せると、続く南3局では佐々木が園田から南・ドラ2の5800点を奪い取るなど、2着以下の争いは混戦の様相を呈した。ただ、そんな中でも相手の麻雀に合わせ続けた白鳥は、軽やかに当たり牌を交わして放銃なし。隙間をすり抜けるかのような華麗なフライトで、トップを守り抜いた。

白鳥翔、すいすい飛行中 ラスに“着陸なし”の個人2勝目 放銃もなしの安定フライト/麻雀・Mリーグ

 これで白鳥は、11月12日第2試合以来となる個人2勝目。ここまで8試合を戦ってラストなしをキープしている点については「ラスはいつか引くと思うんで、あまり気にしてはいない」としたものの、「そこそこいい内容で今シーズンは戦えているんじゃないかな」と語った。また、インタビュー終盤では11月22日にKADOKAWAサクラナイツ・堀慎吾(協会)が第1試合・第2試合と連勝したことに関して触れ、「ちょっとイライラしてたんで、トップを取れてよかったです」とコメントする場面も。「いらいらwww」「まさかの堀に流れ弾w」「堀さんとのエンタメ?」「堀と翔ちゃんはバチバチなんや」「仲いいな」などと視聴者を喜ばせた白鳥は、「ファイナルまで行けるようにしっかりと戦いますんで、応援よろしくお願いします」とチームの巻き返しを誓った。

【第1試合結果】

1位 渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)3万8700点/+58.7
2位 EX風林火山・二階堂瑠美(連盟)3万1200点/+11.2
3位 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)2万3200点/▲16.8
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)6900点/▲53.1

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】個人2勝目を振り返る白鳥翔
【動画】個人2勝目を振り返る白鳥翔
【動画】強さを見せつけた滝沢和典
【動画】強さを見せつけた滝沢和典