ラスト1牌にロックオン 多井隆晴、ツモ番なしリーチで一発討ち取り 超美技に視聴者「マジかっこいい!!」「これがみたかったんだよ!」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 この挑戦はローリスク、そして決まればハイリターン。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」11月29日の第2試合、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)が自身の残りツモ番なしの状況からリーチをかけ、先制リーチの赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(最高位戦)から一発でロン。ド派手な一撃を決め、多数の視聴者の歓声を呼ぶ一幕があった。

【動画】多井隆晴、ツモ番なしリーチで一発出アガリのシーン

 場面は南3局、トップ目の鈴木が親番でリーチをかけると、多井は最終手番でテンパイ。待ちは1・4索で1索なら三色同順というチャンス手だ。ここで多井は少考してリーチ、鈴木から放たれる可能性にのみ賭け、勝負に出た。この時点で高目の1索は1枚、そして4索は3枚山にいた。そして注目の鈴木のツモ、一発で掴んだのは4索だ。多井はこれにロン、リーチ・一発・赤の5200点をゲット。これに鈴木もビックリ、しばしアガリ形を見つめて信じられないといった表情だ。

ラスト1牌にロックオン 多井隆晴、ツモ番なしリーチで一発討ち取り 超美技に視聴者「マジかっこいい!!」「これがみたかったんだよ!」/麻雀・Mリーグ

 リーチ直後の一発ロン、それもトップ目からの直撃という結果に視聴者は大騒ぎ。「かっけええええええ」「これが多井隆晴……!」「たかちゃん!!「これがみたかったんだよ!」と声援コメントが相次いで投稿された。この試合の結果は鈴木が逃げ切りトップを決めたが、現役最強の称号を譲らない多井の美技は、このアガリを目撃したファンの心にしっかり刻まれた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】快勝に笑みがこぼれる白鳥翔
【動画】快勝に笑みがこぼれる白鳥翔
【動画】ニコニコしながら試合を振り返る鈴木たろう
【動画】ニコニコしながら試合を振り返る鈴木たろう
【動画】あわやチョンボの瞬間
【動画】あわやチョンボの瞬間
【動画】多井隆晴、ツモ番なしリーチで一発出アガリのシーン
【動画】多井隆晴、ツモ番なしリーチで一発出アガリのシーン