「お茶飲め」再び 渡辺明名人、監督室でリアクション祭り「なべ最高!」「お茶飲めキター!」ファンも大ウケ/将棋・女流ABEMAトーナメント
番組をみる »

 将棋ファンの笑いの渦へと巻き込んだ「お茶飲め」が、また聞けた。女流による早指し団体戦「第2回女流ABEMAトーナメント」の本戦トーナメント準決勝・第2試合、チーム加藤とチーム伊藤の対戦が11月27日に放送された。チーム加藤の監督を務めた渡辺明名人(棋王、王将)は、女流棋士3人の戦いぶりを監督室で1人、見守り続けていたが接戦、さらにはやきもきする展開に、様々なリアクションが出続けることに。この様子はファンにとっても大ウケ素材のオンパレードになった。

【動画】女流棋士たちに遠慮なく言葉を飛ばす渡辺明名人

 3つのタイトルを保持し、藤井聡太竜王(王位、叡王、棋聖)とともに将棋界をリードする存在である渡辺名人だが、この大会では人生初の監督業に挑戦。自身の将来を見据えて、コーチングを試し、限られた時間で加藤子清麗、香川愛生女流四段、野原未蘭女流初段に様々なアドバイスをしていた。いざ試合が始まってからは、さらに選手との接触時間が減るだけに、ほとんどの時間は見守るだけ。それが余計に、監督室にいる渡辺名人の動きを活発にした。

 第1局、リーダーの加藤清麗が石本さくら女流二段に対して優勢になったところでも、渡辺名人の目には危ない場面がいっぱいだ。「おい、それ油断するなよ。いやいやいや。それ銀成り狙ってんだよ、向こう」と、対局者以上に先が見えているだけに、ハラハラしっぱなし。最終的に、石本女流二段の受けでトン死が発生した瞬間には「あ、トン死した。うおー」と声が出た。

「お茶飲め」再び 渡辺明名人、監督室でリアクション祭り「なべ最高!」「お茶飲めキター!」ファンも大ウケ/将棋・女流ABEMAトーナメント

 そして第4局、あの「お茶飲め」が出た。この「お茶飲め」は、自身が選手として参加した第4回ABEMAトーナメントで、戸辺誠七段の対局を見ていたところで、落ち着いて指せという意味合いで言ったもの。同じく加藤清麗が優勢になった局面で「さあ、これで冷静になれよ。1回お茶飲め」とモニタの向こうに呼びかけた。すかさずファンも反応し「お茶飲めキター!」「まずはお茶!」「大事なところではお茶を飲め」と大賑わいとなった。

 このほか加藤清麗、野原女流初段が作戦会議室で弁当を食べる様子も細かくチェックしたかと思えば、タイムアウトでは事細かに戦術を伝える有能ぶり。女流棋士がメインの大会ながら、この試合でも渡辺名人の存在感が光っていた。

◆第2回女流ABEMAトーナメント 第1回は個人戦として開催され、第2回から団体戦に。ドラフト会議で6人のリーダー棋士が2人ずつ指名し、3人1組のチームを作る。各チームには監督棋士がつき、対局の合間にアドバイスをもらうことができる。3チームずつ2つのリーグに分かれ総当たり戦を行い、上位2チームが本戦トーナメントに進出する。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールール。チームの対戦は予選、本戦通じて、5本先取の9本勝負で行われる。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】女流棋士たちに遠慮なく言葉を飛ばす渡辺明名人
【動画】女流棋士たちに遠慮なく言葉を飛ばす渡辺明名人
【動画】先輩2人にかわいがられる野原未蘭女流初段
【動画】先輩2人にかわいがられる野原未蘭女流初段
【動画】試合後には全員が号泣したチーム伊藤
【動画】試合後には全員が号泣したチーム伊藤