“小劇場”でも芝居は一流 近藤誠一、全員2万点台の超僅差で勝利「トップ取るのって本当に大変」/Mリーグ・麻雀
番組をみる »

 繊細な舞台を、名優が見事に締めくくった。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」11月30日の第1試合では、セガサミーフェニックスの近藤誠一(最高位戦)がオーラスで逆転トップ。全員が2万点台の大接戦を制し、インタビューで満面の笑みを浮かべた。

【動画】個人2連勝に舌も滑らかな近藤誠一

 起家から近藤、U-NEXT Pirates・小林剛(麻雀連合)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・滝沢和典(連盟)、KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳(連盟)の並びでは始まった当試合は、序盤から打点の少ないアガリや流局が続く展開。そんな中で近藤は東4局2本場、岡田からリーチ・平和・ドラの3900点(+600点)を獲得した。南場へ突入しても、誰でもトップが狙える状況。それぞれがけん制しあう形で南1局では岡田が1100点、南2局では親の小林が近藤から2000点をアガると、続く南2局1本場では近藤が熟練の技を発揮させた。

“小劇場”でも芝居は一流 近藤誠一、全員2万点台の超僅差で勝利「トップ取るのって本当に大変」/Mリーグ・麻雀

 鳴きを絡めた親の小林が後付けでの中待ち、リーチをかけた岡田がカン八万待ちで構える中、あえてチーを選択して岡田のハイテイを回避。しかも、これによって危険牌を掴んだ小林がテンパイを崩し、結果的に小林の親を流すことにも成功した。これには解説の藤崎智(連盟)も「キラーチー」と大絶賛。視聴者も「これぞ夢芝居」「誠一さんナイス」と興奮を隠せない様子で、「隠れた好プレー」「神チーすぎる」などともコメントが殺到した。その後、南3局も岡田のみのテンパイで流局すると、南4局では果敢に攻める親の岡田を追いかける形でリーチ。これを見事に小林からアガってまたしてもリーチ・平和・ドラの3900点(+900点、供託2000点)を獲得し、自ら幕を下ろした。

 「トップ取るのって、本当に大変ですね」。勝利者インタビューでつぶやいた近藤は、「今日は小さく打って、小さく勝った感じ」と試合を回想。インタビュアーからの「3900点を2回アガりました」との返しには「以上ですか?以上ですね。(それで)トップですか?」とおどけて見せ、「これからもみんなで頑張ります」と笑顔でお馴染みのポーズを決めると、視聴者からは「渋いぜ誠一さん」「これでトップはすごすぎる」「やっぱり誠一さんが出る試合は面白い」などと多くのコメントが寄せられた。

【第1試合結果】

1位 セガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)2万8700点/+48.7
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部・滝沢和典(連盟)2万7000点/+7.0
3位 U-NEXT Pirates・小林剛(麻雀連合)2万2800点/▲17.2
4位 KADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳(連盟)2万1500点/▲38.5

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】個人2連勝に舌も滑らかな近藤誠一
【動画】個人2連勝に舌も滑らかな近藤誠一
【動画】なぜか初々しい石橋伸洋のインタビュー
【動画】なぜか初々しい石橋伸洋のインタビュー
【動画】やり直したくなるほどバラバラな親番の配牌
【動画】やり直したくなるほどバラバラな親番の配牌