目覚めし魔王・佐々木寿人 業火のトップでマイナスポイントを全て“焼却”「これから巻き返していきたい」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 ようやく魔王が覚醒した。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」12月2日の第1試合、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)が4勝目を獲得。今期5ラスを引きながら、持ち前の爆発力で素点を稼ぎ、この日のトップで個人成績をプラスとした。

【動画】佐々木寿人、破壊力十分の三倍満

 この試合はU-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)、セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)、EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)、佐々木の並びで開局。佐々木は東1局で2600点のアガリをものにしたものの、得意のリーチではなく悪い待ちやライバルの動向を勘案してのダマテン。その後は主に亜樹の猛攻に対して、守勢に回ることが多かった。

 風向きが変わったのは南1局1本場、一人抜け出した亜樹を追うべく、佐々木は鳴きで間合いを詰める。難しいターツ選択をバッチリ正解し、解説の土田浩翔(最高位戦)に「パーフェクト」と言わしめる満貫のアガリを決めた。そして南2局、字牌とマンズを集め得意のホンイツへ進むと、3軒リーチを制してのツモアガリ。これがリーチ・ツモ・南・ホンイツ・三暗刻・ドラ3の2万4000点、自身リーグ2度目となる三倍満となった。

 佐々木の“覚醒”となるアガリに視聴者も興奮し、「これを待っていた!!!!!」「んほぉ~この魔王たまんねぇ~」「これは声でるw」とコメント欄が大渋滞となった。さらに佐々木は手を緩めず、1局挟んで南4局の親番では2つ鳴いてまたもホンイツのテンパイ。これをツモって發・中・ホンイツ・ドラ2の1万8000点のアガリ。実況の日吉辰哉(連盟)は佐々木へ「魔王を起こしてしまった!おはようございます!」と絶叫、土田もまた「起こしてしまったね」と同調し、佐々木の復活を確信した。佐々木は南場だけで満貫、三倍満、そして親の跳満と大爆発。この試合は6万点を超えるトップとなり、これまでのマイナスを業火で焼き尽くした。

目覚めし魔王・佐々木寿人 業火のトップでマイナスポイントを全て“焼却”「これから巻き返していきたい」/麻雀・Mリーグ

 勝利者インタビューに登場した佐々木は、やや興奮した面持ちで“がらくたポーズ”を決めると、「久しぶりですね、非常に嬉しいです」と率直に思いを述べた。これで佐々木はマイナスを返済、個人成績で15位に浮上し、+1.5ポイントまで上昇。「ちょっと長かったですけど、これから巻き返していきたい」と語り、首位・EX風林火山については「差も縮まった」と追撃の態勢が整ったことをアピールした。

 ファンへ向けては「月が替わればツキも変わる。良かったと思います。(チーム成績が)400近くまで伸びてきましたので、KONAMIとしてはなかなか珍しい数字だと思いますけど、応援よろしくお願いします」と語りかけ、コメント欄には「KONAMIこのままトップ取ってくれ!」「トップおめでとうーーーかっこいい人だよ、ほんと」と、今後の躍進を望む声が続いていた。

【第1試合結果】

1着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(連盟)6万200点/+80.2
2着 EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)3万5500点/+15.5
3着 セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦)3900点/▲36.1
4着 U-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)400点/▲59.6

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】佐々木寿人、破壊力十分の三倍満
【動画】佐々木寿人、破壊力十分の三倍満
【動画】朝倉康心、リーグ史上2度目の10万点超え
【動画】朝倉康心、リーグ史上2度目の10万点超え
【動画】二階堂瑠美のおもしろ顔
【動画】二階堂瑠美のおもしろ顔