「えー、それなにー?」二階堂瑠美のおもしろ顔が話題に「スイッチャーいい仕事した」「瑠美さん表情好きやわw」と爆笑止まらず/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 オーラスの激戦のさなか、切り替わった画面には予想だにしない「おもしろ顔」があった。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」12月2日の第2試合、EX風林火山・二階堂瑠美(連盟)がKONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり(連盟)の長考の際に見せた表情がユニークで、視聴者が爆笑した。

【動画】二階堂瑠美のおもしろ顔

 場面は南4局1本場。瑠美と高宮はラス回避を目指しライバル関係にあった。まず高宮が5巡目に、赤1枚が含まれる平和のテンパイを果たす。ここで高宮は、跳満ツモか満貫の直撃で3着アップとなる条件と向き合い長考。ドラの8索を重ねるべく、テンパイを取らない選択を取った。ここでは瑠美も高宮へ最大限の警戒を向けており、「何してるの?」と言わんばかりに眉をひそめ、口を「へ」の字に曲げた。

「えー、それなにー?」二階堂瑠美のおもしろ顔が話題に「スイッチャーいい仕事した」「瑠美さん表情好きやわw」と爆笑止まらず/麻雀・Mリーグ

 これに視聴者もすぐさま反応し、「瑠美の顔w」「スイッチャーいい仕事した」「ねえさんガン見で草」「瑠美さん表情好きやわw」と爆笑の渦が起こった。また、実況の日吉辰哉(連盟)もまた「瑠美が『何なの?あなた(逆転手を)狙ったわね?』という感じで見ていましたね!」とその模様を伝えた。

 試合中でも感情をあまり隠さず、可愛らしさや時には「おもしろ顔」も披露する瑠美は、登板のたびに新たな表情を見せて、ファンを楽しませている。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】佐々木寿人、破壊力十分の三倍満
【動画】佐々木寿人、破壊力十分の三倍満
【動画】朝倉康心、リーグ史上2度目の10万点超え
【動画】朝倉康心、リーグ史上2度目の10万点超え
【動画】二階堂瑠美のおもしろ顔
【動画】二階堂瑠美のおもしろ顔