やっと笑えた松本吉弘 オーラス大逆転で開幕戦以来の2勝目「笑えない回数、マクられてきた」と感無量/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 逆転負けの悔しさを誰よりも味わっているからこそ、最後まで若きエースは謙虚だった。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」12月3日の第1試合、渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)がオーラスに劇的な跳満ツモで逆転トップを獲得。試合後は「今日は僕のほうがツイていた。それだけだと思います」と回顧した。

【動画】待望のトップを噛みしめる松本吉弘

 この試合はKADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(連盟)、赤坂ドリブンズ・丸山奏子(最高位戦)、松本、TEAM雷電・萩原聖人(連盟)の並びでスタート。東3局、萩原に倍満のアガリで先行を許すも、松本は東4局にチャンス手が入る。5巡目にテンパイ即リーチとすると、リーチ・ツモ・赤の4000点をツモって追撃態勢に。ただ二の矢が放てず、試合もロースコアの展開が続き、南4局を迎えて松本は、トップ目の萩原とは跳満ツモの差となっていた。

 ここで松本はドラと赤が1枚ある配牌を得ると、逆転を目指して手作り。丸山に先制リーチをかけられるも、松本は8巡目、カン4筒を引いて高目345の三色同順となる3・6索のテンパイ、即リーチに打って出た。ライバル丸山はラス回避ができるチャンス、そしてこれに内川も追い付き、3者がそれぞれの目指す条件を満たすテンパイでめくり合いとなり、試合は最高潮に。視聴者も固唾を飲んで見守ったこの勝負の結末は、松本が6索をツモ。そして丁寧にめくられた裏ドラは三万が1枚乗り、リーチ・ツモ・平和・赤・ドラ・裏ドラの1万2000点のアガリ。これで萩原をかわして松本がトップ、今期開幕戦以来の2勝目を獲得した。

やっと笑えた松本吉弘 オーラス大逆転で開幕戦以来の2勝目「笑えない回数、マクられてきた」と感無量/麻雀・Mリーグ

 インタビューに登場した松本は「恵まれている中でトップが取れていなかったので、喜びもひとしおというか、マクったりマクられたりが麻雀なので、今日はツイていると思います」と喜びを表した。また「麻雀というのは無理なものは無理で、4人でやる以上はそういう時にいかに抑えるか。展開に恵まれたなという感じがします」と持論をふまえ試合の振り返りをした。オーラス、跳満ツモについては「ここまで来たら乗ってくれ」と願いながら裏ドラをめくったと明かし、「笑えない回数、マクられてきたので、やっと一矢報いたかな」と好内容に手応えも。

 これまで天敵・勝又健志(連盟)に幾度となく逆転負けを喫し、その度に悔しさに顔を歪めてきた松本が、この日は安堵の笑みを浮かべ、「ツキのおかげ」としながらも充実の内容でトップ。すでにリーグ中盤以降を見据えており、「年をまたぐ時により多くのポイントで迎えられるように4人一丸となって頑張ります」と健闘を宣言した。すると視聴者も「いやーオーラスは熱かったね」「良いコメントだ」「面白い試合でした熱い!」「もってぃは良い奴!」と声援コメントを多数投稿していた。

【第1試合結果】

1着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)3万3400点/+53.4
2着 TEAM雷電・萩原聖人(連盟)3万1300点/+11.3
3着 KADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(連盟)2万2800点/▲17.2
4着 赤坂ドリブンズ・丸山奏子(最高位戦)1万2500点/▲47.5

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】待望のトップを噛みしめる松本吉弘
【動画】待望のトップを噛みしめる松本吉弘
【動画】久々のトップに笑顔が溢れる黒沢咲
【動画】久々のトップに笑顔が溢れる黒沢咲
【動画】気合の丸刈りを見せた萩原聖人
【動画】気合の丸刈りを見せた萩原聖人