平均打点、驚異の1万2000点!黒沢咲“セレブ”打法復活の勝利「全部出し切った」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 平均打点1万2000点。まさに“セレブ”だ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」12月3日の第2試合、TEAM雷電・黒沢咲(連盟)がトップを獲得。自身は開幕戦以来、またチームは実に19戦ぶりの勝利となり、試合後は「覚えていないですもんね、前回のトップ」と語りながら、久しぶりの快勝に笑顔を浮かべた。

【動画】久々のトップに笑顔が溢れる黒沢咲

 この試合の対局者は赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)、黒沢、KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠(連盟)、渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)の並びでスタート。見せ場はいきなりやってきた。東1局、黒沢は5巡目にリーチ。白鳥の追っかけをものともせず、12巡目にツモ。リーチ・ツモ・赤・ドラ3の1万2000点で、大きな先制点を決めた。赤5索を引いてドラの西のツモアガリと、黒沢の高打点打法の炸裂に、「今日こそは」とのファンの期待も膨らむ。

 その後は沢崎との競り合いになり、迎えた南1局。黒沢は園田の先制を受けるも7巡目に追っかけリーチ。これを園田から討ち取ってリーチ・一盃口・赤・ドラ・裏ドラ2のアガリとなってまたもや跳満、1万2000点を加点し、沢崎を逆転してトップ目に立った。

 仕上げは南3局2本場、黒澤は赤とドラを内包したタンヤオでリーチ、待ちは二・五万。これを赤五万でツモり、なんとこの日3度目の跳満だ。こうなると視聴者もお祭り騒ぎ。「お嬢様の復活!!」「引いたー!しかもドラ!!!!」「今日のセレブはツモるんです」とコメント欄は歓声の嵐が吹き荒れた。このまま試合は黒沢のトップで終了、開幕戦以来の2勝目を獲得すると、黒沢はそれを噛みしめるように、じっと卓上を見つめた。

平均打点、驚異の1万2000点!黒沢咲“セレブ”打法復活の勝利「全部出し切った」/麻雀・Mリーグ

 インタビューで黒沢は「(第1試合で逆転負けを喫していた)萩原さんに『カタキを取ってきてくれ』といわれて、全部を出し切ってやるしかないと思いました」と楽屋での会話と試合前の思いを明かした。また「雷電ユニバースの方が集まってくれていて、今日は頑張りたいなという気持ちがすごく強かったです」と、チームメイト、そしてファンの期待に応えた勝利を喜んだ。

 まだチームは上位から大きく離された最下位。首位とは1000ポイント以上の開きがある。それでも黒沢は「1勝しただけなんですけど、これをきっかけにまた4人で駆け上がっていけるように頑張ります」と、戦いはこれからであることを強調、深々と頭を下げた。これにファンは「まだまだわからないよ!」「やっぱりセレブがエースだね」「黒沢がひっぱってくれ!!」と声援を送り続けていた。セレブがセレブらしく高打点のアガリを決め、チームの雰囲気を一変させたこの試合。中盤戦を迎えて、リーグを盛り上げる役者が揃ってきた。

【第2試合結果】

1着 TEAM雷電・黒沢咲(連盟)5万3500点/+73.5
2着 渋谷ABEMAS・白鳥翔(連盟)2万6900点/+6.9
3着 KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠(連盟)2万2400点/▲17.6
4着 赤坂ドリブンズ・園田賢(最高位戦)-2800点/▲62.8

【12月3日終了時点での成績】

1位 EX風林火山 +569.3(36/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +299.8(36/90)
3位 渋谷ABEMAS +44.9(36/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +21.4(36/90)
5位 U-NEXT Pirates ▲50.5(36/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲139.4(36/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲286.8(36/90)
8位 TEAM雷電 ▲458.7(36/90)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】待望のトップを噛みしめる松本吉弘
【動画】待望のトップを噛みしめる松本吉弘
【動画】久々のトップに笑顔が溢れる黒沢咲
【動画】久々のトップに笑顔が溢れる黒沢咲
【動画】気合の丸刈りを見せた萩原聖人
【動画】気合の丸刈りを見せた萩原聖人