園田賢が“ガヤ芸人”化?トップの黒沢咲に舞台袖からちゃちゃ入れ「まだいるんかぁーい笑」「割り込むなw」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 舞台袖からの“ガヤ”に視聴者は爆笑だ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」12月3日の第2試合、ラスとなりインタビューを受けた園田が、その後に勝利者インタビューを受けているTEAM雷電・黒沢咲(連盟)に舞台袖から“ちゃちゃ入れ”、カメラが思わず園田の動きを画面に抜き、視聴者からは爆笑が起こった。

 勝っても負けても“しゃべくり”のインタビューが話題の園田、この日は悔しいラスのうっ憤を晴らすかのようにしゃべり続け、カンペで撤収を促されて一度は舞台袖へ。この日、跳満を3度もアガって、“平均打点1万2000点”の大活躍だった黒沢が「もうちょっと(高い数字を目指して)いこうかな」とさらに強欲なところを見せると、園田は両手で「何をいってるんだ?」とジェスチャー。その様子をカメラが素早く捉え、画面に映し出された。

園田賢が“ガヤ芸人”化?トップの黒沢咲に舞台袖からちゃちゃ入れ「まだいるんかぁーい笑」「割り込むなw」/麻雀・Mリーグ

 これに視聴者も食いつき、「園田はもういいw」「まだいるんかぁーい笑」「割り込むなw」「しゃべってなくてもうるさい」「とにかく明るいラス」と爆笑が巻き起こった。また、とっさの出来事に対応したカメラにも話題が及び、「あんなとこにいるんだ」「なんやそのアングルw」「インタビュールームでここまでカメラ引くの初めて見たw」と新鮮なアングルに視聴者は沸き立った。

 リーグ屈指の実力者の園田だが、この日は不運続きでラス。しかし得意のしゃべくりと、袖からの“ちゃちゃ入れ”で最後まで存在感を示していた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】待望のトップを噛みしめる松本吉弘
【動画】待望のトップを噛みしめる松本吉弘
【動画】久々のトップに笑顔が溢れる黒沢咲
【動画】久々のトップに笑顔が溢れる黒沢咲
【動画】気合の丸刈りを見せた萩原聖人
【動画】気合の丸刈りを見せた萩原聖人