永瀬拓矢王座 対 佐藤康光九段 勝てば挑決の一局は対抗形で進行/将棋・棋王戦挑決T
番組をみる »

 将棋の棋王戦挑戦者決定トーナメントが12月6日に行われ、永瀬拓矢王座(29)と佐藤康光九段(52)が現在対局中だ。戦型は永瀬王座が居飛車、佐藤九段が中飛車を採用。対局開始から、お互いの出方を見合うような出だしとなり、正午からの昼食休憩までは、どちらも戦闘態勢を整えている段階だ。

【中継】棋王戦挑戦者決定トーナメント 永瀬拓矢王座 対 佐藤康光九段

 永瀬王座は藤井聡太竜王(王位、叡王、棋聖、19)、渡辺明名人(棋王、王将、37)とともにタイトル保持者で、複数冠を保持している2人を追う状況にある。近いところでは、ALSOK杯王将戦の挑戦者決定リーグで、藤井竜王から久々に勝利を挙げるなど、調子も上々。今年の王将戦七番勝負で敗れた渡辺名人に、今度は棋王のタイトルでの挑戦を狙う。

 佐藤九段は、日本将棋連盟の会長という重責をこなしながら、今年度は勝率7割前後の好成績を残している。王座戦では、挑戦者決定戦まで進んだものの、木村一基九段(48)に敗れ永瀬王座への挑戦ならず。棋王戦では、久保利明九段(46)に2勝3敗で敗れた2009年度以来となる五番勝負進出を目指す。

 本局の勝者は、勝者組のトーナメントで1位となり、挑戦者決定二番勝負に進出。敗者復活組の1位と対戦することになるが、1勝を挙げれば挑戦権獲得。敗者復活組1位は2連勝が必要という変則的なルールになっている。

 持ち時間は各4時間で、振り駒の結果、先手は永瀬王座。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

【昼食の注文】

永瀬拓矢王座 山かけそば、納豆オムレツ(キムチ入り) 佐藤康光九段 和風ホイコーロー弁当、納豆

【昼食休憩時の残り持ち時間】

永瀬拓矢王座 2時間59分(消費1時間1分) 佐藤康光九段 3時間18分(消費42分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】棋王戦挑戦者決定トーナメント 永瀬拓矢王座 対 佐藤康光九段
【中継】棋王戦挑戦者決定トーナメント 永瀬拓矢王座 対 佐藤康光九段