もはや芸術作品 滝沢和典、美麗なアガリ「平和・純チャン・三色同順」にファン興奮「綺麗な手」「かっこよくてズルい」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 イケメンでクール、且つ所作も綺麗な男は、高打点のアガリでも美しい。KONAMI麻雀格闘倶楽部の滝沢和典(連盟)が、芸術とも言える役作りでファンを魅了した。

【動画】芸術作品ばりの美しい滝沢和典のアガリ

 プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」12月14日の第2試合に出場した滝沢は、序盤から苦戦した。東2局3本場で親の赤坂ドリブンズ・丸山奏子(最高位戦)に1500点(+900点、供託1000点)を振り込むと、東2局5本場ではチーム雷電・黒沢咲(連盟)に8000点(+1500点)の放銃。丸山の跳満ツモもあって早くも持ち点を5000点まで減らすと、続く東3局では丸山に8000点を献上してしまう。

もはや芸術作品 滝沢和典、美麗なアガリ「平和・純チャン・三色同順」にファン興奮「綺麗な手」「かっこよくてズルい」/麻雀・Mリーグ

 直近の試合で1着・1着・2着・2着と好調だった滝沢は、この時点でまさかの-3000点。南1局でようやくリーチ・平和・ドラの3900点を黒沢からアガるも、次の南2局では親の丸山に1万2000点を振り込むなど、トップ奪取は絶望的な状況となった。それでも滝沢は全力を尽くす。全員テンパイの後に迎えた南2局2本場、平和・三色同順が狙える好配牌の中、淡々と打ち回して12巡目にリーチ。既に平和と1・2・3の三色同順が確定する上に6・9筒待ちの9筒を引き当てれば純チャンも付く超高打点でファンを「キターーーー!!!」「おいおいおいおいおいw」「すげーーーー」と興奮させると、その高目9筒を鮮やかに一発でツモリ、リーチ・一発・ツモ・平和・純チャン・三色同順の倍満、1万6000点(+600点)を完成させた。

 Mリーグにおいてはドラの重なりによる倍満が多い傾向にあるが、この滝沢が創造した倍満にはドラも赤ドラもなし。結果的に4着から這い上がることはできなかったものの、3つの手役を綺麗にまとめた「芸術作品」のようなアガリには、「赤もドラも使わず倍満すげえええええええ」「美しい」「綺麗な手だわ」「これは気持ちいいアガリ」「これは滝沢セクシー和典」「イケメンでかっこよくてズルい」と称賛コメントが殺到した。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】おでこ全開ヘアで必死に戦う丸山奏子
【動画】おでこ全開ヘアで必死に戦う丸山奏子
【動画】芸術作品ばりの美しい滝沢和典のアガリ
【動画】芸術作品ばりの美しい滝沢和典のアガリ