藤井聡太竜王、チェス界進出へ!「チェス・プロブレム」の大会参加に意欲「自信がついたタイミングで」ファンも大興奮「チェスで世界一取りに行くのか」
番組をみる »

 将棋藤井聡太竜王(王位、叡王、棋聖、19)が、チェスの世界でも大会に電撃参戦の表明だ。12月26日に行われた「SUNTORY 将棋オールスター 東西対抗戦2021 決勝戦」の最中に行われたトークショーで、2022年に挑戦してみたいことについて聞かれると「チェス・プロブレムの解答大会に出る」と書き、「最近、趣味として解いています。自信がついたタイミングで出てみたいです」とコメントした。

【動画】SUNTORY 将棋オールスター 東西対抗戦2021 決勝戦

 藤井竜王はタイトル四冠や最年少記録を次々と打ち立てているが、詰将棋については、詰将棋解答選手権で小学生時代から5連覇を達成。2020年、2021年は新型コロナウイルスの感染拡大により開催が見送られていた。小学生自体から解き続けていた詰将棋は、プロ入り後も終盤力にも活かされ、現在でも色紙に自作の詰将棋を書くこともある。

 将棋界にはチェスファンが多く、羽生善治九段(51)や青嶋未来六段(26)が国内トッププレイヤーとして活躍していることでも知られている。ここに藤井竜王が参戦するとなれば、チェス界にも大きな光が差し込むことになる。この突然の宣言に、ファンからは「チェスに範囲をひろげた」「マジか。タイトルは楽勝か」「チェスで世界一取りに行くのか」「また、そっちでもナンバーワンになっちゃうのか」と、喜びと驚きの声が多数巻き起こっていた。
ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】SUNTORY 将棋オールスター 東西対抗戦2021 決勝戦
【動画】SUNTORY 将棋オールスター 東西対抗戦2021 決勝戦
【動画】SUNTORY 将棋オールスター 東西対抗戦2021 決勝戦