人気美女雀士も思わずウキウキ?役満・大三元のチャンスに手付きが強め「力入ってるぞ!瑞原!」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 こんな楽しい手、絶対アガりたい!プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」1月13日の第1試合、東4局にU-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)が手にした配牌は役満・大三元の見えるチャンス手。アガリを目指し高揚する思いが手付きにも表れ、見る者も一緒に熱狂する一幕があった。

【動画】瑞原明奈、役満の大チャンス

 この局をトップ目で迎えた瑞原の手は、發と中が対子、さらに白も1枚あり大物手に育つ要素は十分だ。第1ツモで發が暗刻になり、今年まだ出ていない役満への期待が高まる。気合いを入れてツモりに行く瑞原に実況の日吉辰哉(連盟)も「いやあ、なんか力入ってるぞ!瑞原!いやあ、あるあるあるある!」と熱を込める。

 視聴者もこのただならぬ手にテンションが上がり、「きてますきてます」「白はどこだ~」とコメントが連投され、解説の河野直也(最高位戦)もまた「白・中、まだ山にいますよ!」と興奮だ。5巡目に待望の白を引くと、日吉はさらに「引いたんですけど!!」と絶叫。瑞原の手付きにもさらに力が入り、不要牌をツモ切る際にもスピードが加わった。

人気美女雀士も思わずウキウキ?役満・大三元のチャンスに手付きが強め「力入ってるぞ!瑞原!」/麻雀・Mリーグ

 瑞原は園田から打たれた中をポンして、ペン3索のテンパイ。白を引く、もしくは1・2索の重なりで役満となるが、この手はこのままセガサミーフェニックス・近藤誠一(最高位戦)からアガってホンイツ・小三元・ドラの1万2000点をゲットした。

 クールに実利を取った形で、瑞原はこのまま逃げ切りトップで試合終了。個人成績で首位に立った。また第2試合では小林剛(麻将連合)も勝利を収め、チームは同日2連勝。役満は成就しなかったが、総合成績でチームを首位へ押し上げる、大きな要因となるアガリとなった。時折見せる鋭い視線やキュートな悩み顔で視聴者の心を鷲掴みにしている人気美女雀士が、ここでは思わずウキウキ。気持ちの入った手付きでファンを魅了していた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】瑞原明奈、役満の大チャンス
【動画】瑞原明奈、役満の大チャンス
【動画】瑞原明奈のカンで2人のアガリが消滅した瞬間
【動画】瑞原明奈のカンで2人のアガリが消滅した瞬間
【動画】ボヤキが止まらない近藤誠一
【動画】ボヤキが止まらない近藤誠一