相手のリーチも一発ドラ切り 小林剛、冷静な強心臓でトップ チームは首位浮上「大変お待たせしました」
番組をみる »

 ここぞという時に前へ出られる強さが、“船長”にはある。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」1月13日の第2試合、U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)がトップを取り個人2連勝。チームもトータルでトップに立ち、試合後は「大変お待たせしました」とファンへ笑顔を見せた。

【動画】快勝を涼しげに振り返る小林剛

 この試合の対局者は赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(最高位戦)、セガサミーフェニックス・東城りお(連盟)、小林、渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)の並びでスタート。小林は序盤から得意の鳴きで加点、打点は高くないものの、隙のない立ち回りでイニシアティブを取る。中盤、多井が続けて高得点をモノにするアガリ。その間、小林は守備に徹し、反撃のチャンスを待った。

 南1局1本場、小林はタンヤオが見える手からまずカン三万をチー。孤立の7索を払うと、八万をポン。さらにカン7筒のターツを払ってチンイツへ。このテンパイ取らずが奏功し、チンイツをテンパイ。良形変化を経てハイテイでツモ、タンヤオ・チンイツ・ハイテイの1万2000点(+300点)を加点した。小林の得意分野でもある、打点とスピードのバランスの見極めが見事にハマったこのアガリには、視聴者からは「レベル高すぎてついていけない(笑)」「お見事!」と絶賛のコメントが送られた。

 続く南2局、スコア上のライバル多井が絶好のピンズ3面張で勝負をかけてくるが、小林はすでにメンゼンで5200点のテンパイを果たしていた。待ちはカン3筒、ここで引いてくるドラの一万は無筋。「河がめちゃくちゃ強いから押すしかない」と決断した小林は、一発でドラを勝負。映像には映らなかったが、実況の日吉辰哉(連盟)は「全員が小林の顔を見た!」とその場の緊迫感を伝えた。結果は見事にこの3筒をツモり、ツモ・一盃口・赤・ドラの8000点を入手。このままトップで個人2連勝を決めた。

相手のリーチも一発ドラ切り 小林剛、冷静な強心臓でトップ チームは首位浮上「大変お待たせしました」

 これでチームは首位浮上。小林は「初めてですかね?慣れてないですけど。ちょっとビックリしています」と照れ笑い。前半戦はなかなかトップが取れず、ここに来てようやく完全復活という見方もある中で「あまり負けていた感じはしないというか。マイナス100くらいは変動するものだと思っているので。またマイナスに行くかもしれないですね。負けることには慣れているので、勝っても負けても大丈夫です」と、自身にマイナスがあってもそれは気にしない、タフな心の内を語った。

 今期は瑞原明奈(最高位戦)の安定感に支えられ、順位を上げてきたチームだが、“船長”こと小林にも結果が伴うようになり、いよいよ順風満帆だ。これからは昨期の後半に見られたような「1日1剛」の働きぶりで、ポストシーズンへ突き進むという展開も期待できる。ファンからは「待ってたよー!!」「これはホンモノのプロですわ」「お疲れ様です!船長!」とエールが飛び交っていた。

【第2試合結果】

1着 U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)5万2000点/+72.0
2着 渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)2万4600点/+4.6
3着 セガサミーフェニックス・東城りお(連盟)1万7000点/▲23.0
4着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(最高位戦)6400点/▲53.6

【1月13日終了時点での成績】

1位 U-NEXT Pirates +265.2(58/90)
2位 セガサミーフェニックス +170.9(58/90)
3位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +170.0(56/90)
4位 EX風林火山 +124.5(56/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ +112.8(56/90)
6位 渋谷ABEMAS +33.6(58/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲187.4(58/90)
8位 TEAM雷電 ▲709.6(56/90)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】快勝を涼しげに振り返る小林剛
【動画】快勝を涼しげに振り返る小林剛
【動画】コスプレばりに真っ青に染まった東城りおの髪
【動画】コスプレばりに真っ青に染まった東城りおの髪