美人雀士がコスプレイヤー級の青い髪 実況席も興奮「こんなに染まるものですか!?」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 もはやアニメキャラのコスプレばりだ。鮮やかな色に視線が注がれた。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」1月13日の第2試合、セガサミーフェニックス・東城りお(連盟)が髪をビビッドな青に染め上げており、その派手さに、視聴者からはさまざまな声が挙がった。

【動画】コスプレばりに真っ青に染まった東城りおの髪

 南家で登場した東城。これまでの混色ではなく、全体を青に染めたスタイルで卓に付いた。これにすぐさま視聴者は反応し「りおの髪どうしたん!?」「コスプレイヤーやんw」とコメントが連投された。実況の日吉辰哉(連盟)もまずこれに触れて「東城さんの髪の色、すごいことになってませんか?こんなにきれいに青って入るんですね!」と驚いていた。解説を務めていた河野直也(最高位戦)も「これすごいですよね、ユニフォームの襟のところと合わせたんじゃないですかね」とコメントした。

美人雀士がコスプレイヤー級の青い髪 実況席も興奮「こんなに染まるものですか!?」/麻雀・Mリーグ

 その後も東城がアップになる度にこの話題は続き、視聴者からは「青に染めるのって大変なんだよ〜すごいな〜!」「東城うつくしぃぃ」「顔が整ってるから色に負けてない」と好反応。また、コスプレの題材として綾波レイやセーラームーンといった往年のアニメの登場人物や「FFのキャラにいそう」と人気ゲームタイトルも挙げられ、視聴者の興味は尽きることがなかった。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】快勝を涼しげに振り返る小林剛
【動画】快勝を涼しげに振り返る小林剛
【動画】コスプレばりに真っ青に染まった東城りおの髪
【動画】コスプレばりに真っ青に染まった東城りおの髪