試合会場に重く響く「ドンッ」松ヶ瀬隆弥、太い腕でのツモに実況「一発ツモの音がした」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 耳慣れない大きな衝撃音は「一発ツモ」の音?プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」1月14日の第1試合、EX風林火山・松ヶ瀬隆弥(RMU)がリーチ後一発目のツモでアガリを決めた際、「ドンッ」とスタジオに音が響き、実況が思わず反応、視聴者もざわつく場面があった。

【動画】松ヶ瀬隆弥が太い腕で迫力の一発ツモ

試合会場に重く響く「ドンッ」松ヶ瀬隆弥、太い腕でのツモに実況「一発ツモの音がした」/麻雀・Mリーグ

 状況は南1局、微差のトップ目にいた松ヶ瀬がわずか3巡で先制リーチ。相手3人が受けに回る中で、太い腕で引き寄せた2索は見事な一発ツモだ。この時、指の感触でアガリを確認していた松ヶ瀬は、しっかりスナップを効かせ、カメラへ向けてツモの動作をしてみせた。リーチ・一発・ツモ・平和で7800点の加点としたが、このツモの際に卓へ腕がぶつかったか、迫力のある音が鳴り、思わず実況の松嶋(協会)はこの一連の流れについて「怖い!もう!一発でツモる!(牌が)見える前にツモった気がしました!」と伝えたうえで、さらに「今、一発ツモの音がしましたよ」と衝撃音を表現した。

 試合後のハイライトの場面でも「ドンって音がいってましたね、一発ツモの音!」と改めて松嶋は松ヶ瀬のツモを紹介、これに視聴者もまた「ドン!」「一発ツモの音~!」「一発の松」とコメントを投稿、滅多に聞けない衝撃音に対し、松嶋と共に着目していた。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】穏やかに勝因を振り返る勝又健志
【動画】穏やかに勝因を振り返る勝又健志
【動画】松ヶ瀬隆弥が太い腕で迫力の一発ツモ
【動画】松ヶ瀬隆弥が太い腕で迫力の一発ツモ