藤井聡太竜王、4回目の優勝に向けて本戦初戦突破 船江恒平六段に勝利 午後2時からベスト4入りかけてもう一局/将棋・朝日杯
番組をみる »

 将棋藤井聡太竜王(王位、叡王、棋聖、19)が1月16日、朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメント1回戦で船江恒平六段(34)に95手で勝利した。午後2時からの2回戦では、ベスト4入りをかけて戦う。過去4回出場し3回優勝している相性のいい大会で、4回目の優勝を目指し、まずは順調なスタートを切った。

【中継】朝日杯本戦 藤井竜王-船江六段/永瀬王座-阿久津八段/勝者同士

 公式戦では過去2戦2勝、ただ準公式戦の早指し団体戦「ABEMAトーナメント」では敗れたこともある船江六段との対戦だったが、先手番から横歩取りに誘導されたところを堂々と受けて立つと、序盤に約14分と早指し戦としては長考を入れ、構想を練った。両者、中住まいのまま戦うバランス型となったが、先に持ち時間を使い切ったのは藤井竜王。船江六段の研究と見られる指し回しからうまく抜け出し、時間のない中でも中盤からペースを握ると、1分将棋が続く中でも確実な形勢判断、速度計算で差を広げた。終盤は難解な局面の連続で苦しんだが、最後はなんとか勝ち切った。

 藤井竜王は、第11回大会に優勝し、15歳6カ月という全棋士参加の一般棋戦で最年少記録を更新。第12、14回と優勝している。今年度は銀河戦(ベスト4)、NHK杯テレビ将棋トーナメント(初戦敗退)、将棋日本シリーズ JTプロ公式戦(準優勝)と、優勝まで近づくものの、あと一歩のところで敗れている。現在はALSOK杯王将戦七番勝負で渡辺明王将(名人、棋王、37)と戦っている最中でもあるが、この早指し戦でも優勝を果たしたいところだ。

◆朝日杯将棋オープン戦 持ち時間40分の早指し棋戦。一次予選、二次予選を勝ち抜いた棋士が、シード棋士を含めた計16人で本戦トーナメントを戦う。参加は全棋士、アマチュア10人、女流棋士3人で優勝賞金は750万円。藤井聡太竜王が3回優勝したことでも知られている。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】朝日杯本戦 藤井竜王-船江六段/永瀬王座-阿久津八段/勝者同士
【中継】朝日杯本戦 藤井竜王-船江六段/永瀬王座-阿久津八段/勝者同士
【中継】朝日杯本戦トーナメント 永瀬拓也王座 対 阿久津主税八段
【中継】朝日杯本戦トーナメント 永瀬拓也王座 対 阿久津主税八段