もしも藤井聡太竜王と話ができるとしたら 師匠がすすめる鉄板ネタは「苦手なきのこ」と「得意な詰将棋」
番組をみる »

 もしもあなたが将棋界のスター、藤井聡太竜王(王位、叡王、棋聖、19)と雑談できるとしたら、どんな話題から切り出すか。ファンだけでなく将棋界でも、それほど会話をした人は多くないところ、師匠の杉本昌隆八段(53)がすすめるのは、「苦手なきのこ」と「得意の詰将棋」だった。この2つがあれば、突然の遭遇であってもスムーズに会話ができるはず(?)。

【動画】敗戦を悟り思い切り「がっくり」した藤井聡太竜王

 この“鉄板ネタ”について明かしたのは、1月16日に行われた朝日杯将棋オープン戦で藤井竜王の対局について、中継していたABEMAの聞き手を務めていた本田小百合女流三段(43)だ。昨年、この朝日杯で行われた現地での大盤解説会でも聞き手となった際、杉本八段らと雑談をしたことを思い出した。「解説と聞き手でお話をしていたんです。藤井先生がどうやったら話をした時に盛り上がるか、何の話題をしたらいいか。そうしたら苦手なきのこの話をするといいと。あと詰将棋の話と言っていたんですけど、詰将棋の話だとついていけなくなるので(笑)」。好きなものときらいなもの、確かに日頃から考えている時間が多いものであれば、本人もすぐに言葉が見つかりそうなものだ。

 このエピソードに、視聴者からは「キノコの話」「裏話ありがとー!」「キノコか鉄道かGPU」といった感想が続々と寄せられたが、報道からの取材を受ける際にも、この2つで話が盛り上がることはある。年始早々に行われた囲み取材でも、きのこについて聞かれた際に小さなものが料理に含まれている際は取り除けるものでもなく諦めているが、できることなら存在感のあるものは避けたい、という主旨のコメントを残している。また詰将棋については、棋士の集まりで空き時間に自作の詰将棋を披露することもあるが、この難易度が高いために周囲が困り果てるという逸話も多く残っている。
(ABEMA/将棋チャンネルより)