松本吉弘、親友・白鳥翔と“先輩コンビ”2組まとめて撃破 解説者も「令和の麻雀」「成長の証」と絶賛/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 上位浮上のターニングポイントとなり得る、大きなトップだ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」1月17日の第2試合、渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)がトップを獲得。第1試合では白鳥翔(連盟)が勝利を収めており、チームはこれで同日2連勝、トータルでは3位に躍り出た。解説の土田浩翔(最高位戦)はこの日の松本の戦いぶり、特にリーチの決断については「成長の証」と褒め称えた。

【動画】チーム連勝に笑顔が絶えない松本吉弘

 この試合の対局者はKADOKAWAサクラナイツ・堀慎吾(協会)、松本、EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・滝沢和典(連盟)の並びで開始した。試合はまず滝沢が大きくリード。それを追いかける展開となった東2局、松本は先制リーチ。これを一発で引き当て、リーチ・一発・ツモ・平和・赤・裏ドラの1万8000点を入手した。

 このままリードを保ち、南1局はまたも一発ツモで満貫。さらに南2局の親番では解説の土田を驚かせるリーチが飛び出た。7巡目に先制リーチ、待ちはカン7筒。ドラ4索引きや三色同順への変化、赤引き、平和の手替わりなど、ダマテンにする理由はいくらでもあるが、松本は試合後、「待ちはカンチャンの中では80点くらい。先にリーチを打つことで、相手を引かせることができる点棒の局面だった」と説明した。滝沢が押し返そうとするが、松本はこれをツモってリーチ・ツモの3000点の加点に成功。土田は「練りに練ったリーチ、成長の証なんでしょう。令和の麻雀」とこれを評価した。

 南4局は鳴いて3着をキープしたい亜樹が仕掛け、これを松本は積極的にアシスト。うまく差し込みを成功させ、昨年12月13日以来、約1カ月ぶりのトップを決めた。試合後は「土俵際、追い込まれていたので、6位でずっと。この連勝はめちゃくちゃ大きいと思います」と喜んだ。また瑠美と亜樹の「ルミアキ」や佐々木寿人(連盟)と滝沢の「タキヒサ」を撃破したことについては「年末、タキヒサ相手にラスラス引いて蹴散らされたので、別に何もないと思います」と苦笑した。

松本吉弘、親友・白鳥翔と“先輩コンビ”2組まとめて撃破 解説者も「令和の麻雀」「成長の証」と絶賛/麻雀・Mリーグ

 これでチームは3位まで浮上。松本はこのチーム成績については「200、300動いちゃうルールなんで、並びの中で、ちょっと優位な並びのほうに行けたかなとは思います」と語り「さらに突き放して、2位、1位を目指して、どんどん安心できるポイントを積み重ねたいと思います」と今後の展望を述べた。

 ファンへ向けては、年明け初勝利ということもありまず「あけましておめでとうございます」と笑顔を見せた。「残り30戦、気合い入って頑張ります」と決めポーズ。大きな同日2連勝で、チームはポストシーズンへ向けて一気に加速だ。

【第2試合結果】

1着 渋谷ABEMAS・松本吉弘(協会)4万3100点/+63.1
2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・滝沢和典(連盟)3万7300点/+17.3
3着 EX風林火山・二階堂亜樹(連盟)1万5300点/▲24.7
4着 KADOKAWAサクラナイツ・堀慎吾(協会)4300点/▲55.7

【1月17日終了時点での成績】

1位 U-NEXT Pirates +265.2(58/90)
2位 セガサミーフェニックス +170.9(58/90)
3位 渋谷ABEMAS +153.4(60/90)
4位 EX風林火山 +141.7(60/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ +94.7(60/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +57.5(60/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲187.4(58/90)
8位 TEAM雷電 ▲716.0(58/90)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】勝利を振り返る白鳥翔
【動画】勝利を振り返る白鳥翔
【動画】チーム連勝に笑顔が絶えない松本吉弘
【動画】チーム連勝に笑顔が絶えない松本吉弘