アニメ「東京リベンジャーズ」番組サムネイル
「東リベ」全話配信中 »

 アニメ「東京リベンジャーズ」は、不良チームの抗争とタイムリープをかけ合わせた斬新な作品です。原作は「週刊少年マガジン」にて好評連載中の、和久井健氏による「東京卍リベンジャーズ」(東リベ)。コミックスの累計発行部数は5,000万部を突破し、その人気の高さから、アニメも2期の制作が決定しています。

【動画】アニメ「東京リベンジャーズ」

 アニメ「東京リベンジャーズ」に登場する佐野真一郎(さの しんいちろう)は、登場回数こそ多くありませんが、物語の根幹に関わる重要人物です。今回は、そんな真一郎の人物像や死亡理由などを解説していきます。

目次

  • 佐野真一郎が登場する人気アニメ「東京リベンジャーズ」とは
  • 「東リベ」佐野真一郎の基本情報!声優や誕生日などのプロフィールを紹介
  • アニメ「東京リベンジャーズ」佐野真一郎はどんな人?彼女はいた?
  • アニメ「東京リベンジャーズ」佐野真一郎が死亡した理由は?
  • アニメ「東京リベンジャーズ」佐野真一郎が復活する可能性はある?
  • アニメ「東京リベンジャーズ」佐野真一郎のまとめ

佐野真一郎が登場する人気アニメ「東京リベンジャーズ」とは

 主人公の花垣武道(はながき たけみち/タケミチ)は、26歳のフリーター。彼女もいない冴えない生活を送るなかで、「人生を間違えた」と感じていました。そんなある日、中学時代に付き合っていた橘日向(たちばな ひなた/ヒナ)が、巨悪組織・東京卍會(とうきょうまんじかい)の抗争に巻き込まれて死亡したことをニュースで知ります。その後、タケミチは駅のホームから転落し、気がついたら中学時代にタイムリープしていました。その後、現代と過去を行き来しながら、筋の通った不良チームだった東京卍會が巨悪組織へと堕ちるのを防ぎ、ヒナを救うために奔走します。

「東リベ」佐野真一郎の基本情報!声優や誕生日などのプロフィールを紹介

 真一郎は、東京卍會の総長・佐野万次郎(さの まんじろう/マイキー)の兄です。23歳の若さで死亡し、第16話で描かれた過去回想のなかで登場しました。マイキーに多大な影響を与えた人物で、マイキーは迷ったときに「兄貴ならどうすんだろ…?」と真一郎に思いを馳せながら愛機のCB250T(バブ)に乗っています。

佐野真一郎の基本情報【プロフィール】

■身長:182cm(過去)
■体重:69kg
■年齢:23歳(死亡時)
■誕生日:1980年8月1日
■星座:しし座
■血液型:O型
■イメージカラー:金色
■好きなもの:コーラ
■嫌いなもの:努力
■武勇伝(または失敗談):告白20連敗
■お気に入りの場所 S・S MOTORS   
(出典:東京卍リベンジャーズ キャラクターブック 天上天下)
※アニメ未登場のネタバレ要素を一部伏せてあります

 身長162cmの小柄なマイキーとは逆に、兄の真一郎は182cmと高身長です。お気に入りの場所であるS・S MOTORSは、真一郎の店。マイキーと同様に真一郎も不良でしたが、引退後はバイク好きが高じてバイク店を経営していました。

佐野真一郎の基本情報【声優】

 真一郎の声を担当するのは、声優の松風雅也(まつかぜ まさや)さんです。代表作に「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」ガエリオ・ボードウィン役/ヴィダール役、「DEATH NOTE」魅上照役、「ヒートガイジェイ」ダイスケ・アウローラ役などがあります。声優のほか俳優、ラジオパーソナリティ、DJなど、幅広く活躍しています。

アニメ「東京リベンジャーズ」佐野真一郎はどんな人?彼女はいた?

 マイキーは10歳上の兄・真一郎をとても慕っていて、第3話では「無鉄砲な人でさ自分より全っ然強ぇ奴にも平気で喧嘩挑んじゃうの」と、嬉しそうに兄のことを語っています。マイキーが不良の時代を創ろうとしているのも、兄の存在が大きく影響しています。マイキーにとって、真一郎は憧れの存在なのです。

 真一郎の女性関係については作中で触れられていないので、彼女がいたかどうかは今の所わかっていません。ただ、公式ファンブックに武勇伝(または失敗談)として「告白20連敗」と書かれていることから、真一郎は女性にはモテなかったようです。

アニメ「東京リベンジャーズ」佐野真一郎とタケミチはどこが似てる?

 第3話ではマイキーから「タケミっち兄貴に似てる」、第21話では場地に「オマエはどこか真一郎君に似てる」と言われるなど、タケミチはたびたび真一郎に似ていると言われています。真一郎は細身かつ高身長で黒髪、タケミチは小柄で中学時代は金髪のリーゼントと、見た目はまったく似ていません。しかし、性格や振る舞いには通じるものがあるようです。

 マイキーが最初にタケミチと会ったのは第3話。タケミチは友人を助けるために、明らかに自分より強い清水将貴(きよみず まさたか/キヨマサ)に決闘を申し出ます。それを見ていたマイキーは、キヨマサに何度倒されても立ち向かっていく姿に兄を重ね、ボロボロになったタケミチに声をかけました。

 また、同じく第3話で彼女のヒナが東京卍會の総長・龍宮寺堅(りゅうぐうじ けん/ドラケン)に腕を掴まれたときも、タケミチは「もう二度と譲れねぇモンがあんだよ」と自分より明らかに格上であるドラケンに凄みました。タケミチのそんな姿も真一郎と重なるようで、ドラケンは後に「“譲れねぇモン”の為ならどんな奴にでも楯突けるオマエみたいな奴はそーいねぇ」と語っています。

真一郎とタケミチは似ている?「東京リベンジャーズ」3話
真一郎とタケミチは似ている?「東京リベンジャーズ」3話

アニメ「東京リベンジャーズ」佐野真一郎が死亡した理由は?

 真一郎が死亡したのは2003年8月13日、マイキーの13歳の誕生日の1週間前でした。その日のできごとは、第16話にて過去の回想として描かれています。

 東京卍會の創設メンバーのひとり羽宮一虎(はねみや かずとら)は、マイキーが欲しがっていたバイクのバブを誕生日プレゼントにするため、バイク店から窃盗する計画を立てました。そして深夜に、同じく創設メンバーの場地圭介(ばじ けいすけ)とともにバイク店へ忍び込みました。しかし、バブに繋がれていたチェーンをボルトクリッパーで切って脱出しようとしたところ、店主である真一郎に見つかってしまいます。

 場地も一虎も、そこが真一郎の店だとは知りませんでしたが、マイキーの幼馴染である場地は店主の顔を見て真一郎だと気が付きました。ところが、一虎は相手がマイキーの兄だとは気づかないまま、ボルトクリッパーで真一郎を殴り殺してしまいます。

 じつは場地と一虎が盗もうとしていたバブは、真一郎がマイキーにプレゼントしようとカスタマイズしたものでした。マイキーに喜んでほしかったがために場地と一虎が起こした行動は、マイキーから大好きな兄を奪う結果となってしまいます。その後、一虎はマイキーを逆恨みし、東京卍會と芭流覇羅(バルハラ)の抗争“血のハロウィン”へと繋がっていきます。

事件の真相が描かれる「東京リベンジャーズ」16話
事件の真相が描かれる「東京リベンジャーズ」16話

アニメ「東京リベンジャーズ」佐野真一郎が復活する可能性はある?

 タイムリープ前の現代では、ドラケンは過去に亡くなった存在でした。しかし、タケミチが歴史を変えたことで、ドラケンは本来死ぬはずだった8・3抗争の後も生き続けています。これと同じく、タケミチのタイムリープ能力によって、真一郎が生き続けるように過去を変えることはできるのでしょうか?

 タケミチのタイムリープは好きなように過去へ戻れるわけではなく、いくつかのルールがあります。その1つが、タイムリープをするのにヒナの弟・橘直人(たちばな なおと)との握手が必要になること。さらに、もう1つ重要なルールとして、“戻るのは12年前の同じ日”ということです。タケミチが初めてタイムリープしたのは、2017年7月4日でした。真一郎が死亡した2003年は12年以上前なので、現状で判明しているルールでは真一郎が生きてきたころに戻れません。残念ながら、真一郎の死を覆せる可能性は低いと思われます。

アニメ「東京リベンジャーズ」佐野真一郎のまとめ

 真一郎の死はマイキーや東京卍會のメンバーのみならず、敵対するチームにもさまざまな影響を与えました。とくにマイキーにとって真一郎は大きな存在で、真一郎が生きていればマイキーや東京卍會は巨悪組織にならなかったかもしれません。次に「東京リベンジャーズ」を見直すときは、「もし真一郎が生きていたら、どうなっていたんだろう……」と想像してみてはいかがでしょうか。

(C)和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

東京リベンジャーズ
東京リベンジャーズ
東京リベンジャーズ特番~ABEMAで血のハロウィン編クライマックスSP~
東京リベンジャーズ特番~ABEMAで血のハロウィン編クライマックスSP~
「東リベ」ロスに嘆くファン続出 イヌピー&ココ登場に「2期はよ」「これで終わるはずがない」
「東リベ」ロスに嘆くファン続出 イヌピー&ココ登場に「2期はよ」「これで終わるはずがない」
ABEMA TIMES