すごい顔、してました?逃げ切り願う美女雀士がドキドキシーンを再現「あっ!裏ドラ条件だ!って思って…」/麻雀・Mリーグ
番組をみる »

 お願い、裏ドラは乗らないで!プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」1月27日の第1試合のオーラス、裏ドラ次第ではトップを逆転されてしまうU-NEXT Pirates・瑞原明奈(最高位戦)がKADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳(連盟)のアガリの瞬間に「すごい顔」をしたとインタビューで明かして、視聴者が爆笑する一幕があった。

【動画】ヒヤヒヤの表情を浮かべる瑞原明奈

 場面は南4局1本場。トップ目は瑞原で、2着目に岡田、そしてその岡田とわずか300点差で赤坂ドリブンズ・丸山奏子(最高位戦)、最後方から親のTEAM雷電・瀬戸熊直樹(連盟)が連荘を目指すという構図。ここで岡田がリーチ、瀬戸熊もそれに続いた。丸山も鳴いて満貫のテンパイ、3人のし烈な争いだ。岡田、丸山の2人がトップ条件を満たせる局面となってしまったことで、ここで瑞原は「もうやめてくれー!って思って、だいぶ諦めてたんですけど」と、2着もやむなしという覚悟を決めた。

すごい顔、してました?逃げ切り願う美女雀士がドキドキシーンを再現「あっ!裏ドラ条件だ!って思って…」/麻雀・Mリーグ

 終盤、瀬戸熊が岡田のアガリ牌である7索を掴み、岡田がロン。開けられた手はリーチ・一気通貫の5200点だ。裏ドラが乗れば満貫となり、供託のリーチ棒と積み棒で瑞原は逆転されてしまう。この瞬間を振り返り、瑞原は「(岡田が)アガった瞬間『あっ!裏ドラ条件だ!』って思って、すごい顔しちゃったと思います、たぶん。『乗るな、乗るな!』って」と心境を明かした。

 放送ではその表情は映っていなかったものの、瑞原自身がそれを赤裸々に語り、また身振り手振りと笑顔を交えて伝える可愛らしさにファンも「その顔見たかった」「のるなーーー!w」と高揚し、また「2人の顔同時に見たいやつw」「可愛いな、今日も!」「よ!女船長!」と様々なコメントが連投されていた。結果、裏ドラは乗らず、瑞原はこの試合をトップで終え、この日終了時点で個人成績は首位となっている。

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
ABEMA/麻雀チャンネルより)

【動画】インタビューに駆けつけ息切れする瑞原明奈
【動画】インタビューに駆けつけ息切れする瑞原明奈
【動画】ヒヤヒヤの表情を浮かべる瑞原明奈
【動画】ヒヤヒヤの表情を浮かべる瑞原明奈