アゴを打ち抜く左ハイで衝撃失神KO 「吹っ飛んだ」軽量級らしからぬ豪快ダウンに騒然
【映像】左ハイで衝撃失神KO »

 ハンマーのような右フック2連発でなぎ倒し、最後は鮮やかなアゴを打ち抜く左ハイキックで衝撃の失神KO。軽量級らしからぬ豪快なダウンの連発に解説からは「ゲーリー・グッドリッジみたいな殴り方」、視聴者からは「吹っ飛んだ」「ピーター・アーツのような蹴り」「アゴが折れそうだ」など、驚きの声が多数寄せられた。

【映像】左ハイで衝撃失神KO

 2月27日に東京体育館で開催された「K-1 WORLD GP 2022 JAPAN ~第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメント~」で行われた倉田永輝(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と愛瑠斗(健成會)の対戦は、1ラウンド後半、倉田が右フック2発を振り抜き最初のダウンを奪った直後に、左ハイキックを一閃。衝撃の失神KOで勝利を収めた。トーナメントのエントリーから漏れた選手が見せた文句なしのスカ勝ちに「リザーブなのがもったいない」「本戦でもみたかった」など惜しむ声も聞かれた。

 第3代スーパー・バンタム級王座決定トーナメントのリザーブファイト。序盤から倉田が右ローとパンチ、強引なミドルで突進力を見せると、愛瑠斗も身体を押し込みコーナーで飛びヒザ〜バックブローなど、両者アグレッシブな立ち上がり。

 倉田の強いリードジャブに、愛瑠斗は前蹴りからスピンキック、フックにはフック。愛瑠斗のスーパーマンパンチに合わせて倉田の左の迎撃カウンター、連打から左のハイなど、リザーブファイトとは思えない多彩かつハイレベルな攻防が続く。

アゴを打ち抜く左ハイで衝撃失神KO 「吹っ飛んだ」軽量級らしからぬ豪快ダウンに騒然

 するとラウンド中盤。一進一退の攻防が一転、倉田の右の連打からの左ハイが愛瑠斗の顔面を捉える。さらに追い打ちで振り回すような右フック2発が愛瑠斗の側頭部を捉え、最初のダウン。

 ここで一気に仕留めたい倉田が前に出ると、愛瑠斗もミドルやスピンキックで応戦。さらに左ミドル3連発で勝負に出る。ダウンで生まれた気負いか、はやる気持ちが前面に出る相手に、軽くカウンターを合わせてきた倉田。そこから強引に右、左、右とパンチを当て、最後は左ハイを一閃して愛瑠斗をマットに沈めて見せた。

 最初のダウンを奪った剛腕2連打にABEMAでゲスト解説を務めた佐藤嘉洋は「ゲーリー・グッドリッジみたいな戦い方…スタミナのロスとか全く関係ない大振りの右フックですね」とかつてのK-1レジェンドの名を挙げて称賛。

 そして試合を決めた戦慄の左ハイキックは、相手のアゴをピンポイントで捉え衝撃で脳がグラグラと揺れる危険な一発。後頭部をコーナーロープに叩きつけるヒヤリとするダウンシーンに視聴者からは「すごい音だった」「アゴが折れそう」「吹っ飛んだ」と言葉を失った。その後、鮮やかな2ダウンでリザーブファイトを制した倉田の圧勝ぶりに「ピーター・アーツみたいな蹴りだった」「倉田を本戦に出して欲しい」「リザーブなのがもったない」といった称賛コメントも寄せられていた。

【映像】左ハイで衝撃失神KO
【映像】左ハイで衝撃失神KO
美女ファイター2人が“OFG”で壮絶な打撃戦「顔ボコボコなのに美人」衝撃展開に反響
美女ファイター2人が“OFG”で壮絶な打撃戦「顔ボコボコなのに美人」衝撃展開に反響
「もう、会見やめようよ!」青木真也が怒り露わ 「vs秋山成勲」会見に桜井“マッハ”速人が乱入で“ひと騒動” 
「もう、会見やめようよ!」青木真也が怒り露わ 「vs秋山成勲」会見に桜井“マッハ”速人が乱入で“ひと騒動”