木村一基九段は勝てば残留、負ければ降級 千田翔太七段は勝てば昇級チャンス 戦型は「角換わり腰掛け銀」に/将棋・順位戦B級1組
番組をみる »

 将棋の順位戦B級1組の最終13回戦が3月9日に行われ、木村一基九段(48)と千田翔太七段(27)が現在対局中だ。木村九段は残留、千田七段はA級昇級をかけての一局は、角換わり腰掛け銀からスタート。研究が進んだ戦型でもあり、早いテンポで指し手が進んでいる。

【中継】順位戦 B級1組13回戦 最終局 4局同時生中継

 「千駄ヶ谷の受け師」の異名を持つほど強靭な受けが持ち味の木村九段だが、今期の順位戦では苦戦。シーズン中盤には4連敗もあり、3勝8敗と負け越して最終局を迎えた。現在、13人中10番手で、降級となる下位3人にはぎりぎり入っていないが、本局に敗れると、この下位3人に入ることが確定する、まさに崖っぷちだ。

 一方、千田七段は自力昇級の可能性は消えているものの、逆転を信じて戦う一局だ。本局に勝利した上で、昇級を争う藤井聡太竜王(王位、叡王、王将、棋聖、19)、稲葉陽八段(33)のいずれか1人でも敗れた場合には、昇級枠である上位2人以内が決まる。

 B級1組は、タイトルホルダー、タイトル経験者、経験豊富なベテランから勢いのある若手までが揃い、1人当たり12局指す激しい戦いが繰り広げられることから「鬼の住処」という表現をされる。

 持ち時間は各6時間で、先手は千田七段。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

【昼食の注文】

木村一基九段 注文なし 千田翔太七段 ロースカツ定食ライト

【昼食休憩時の残り持ち時間】

木村一基九段 5時間2分(消費58分) 千田翔太七段 5時間29分(消費31分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】順位戦 B級1組13回戦 最終局 4局同時生中継
【中継】順位戦 B級1組13回戦 最終局 4局同時生中継
【中継】順位戦 B級1組 13回戦 藤井聡太竜王 対 佐々木勇気七段
【中継】順位戦 B級1組 13回戦 藤井聡太竜王 対 佐々木勇気七段