木村一基九段が残留か 千田翔太七段がA級に望みか 譲れない一局は勝負の夜戦へ/将棋・順位戦B級1組
番組をみる »

 将棋の順位戦B級1組の最終13回戦が3月9日に行われ、木村一基九段(48)と千田翔太七段(27)が現在対局中だ。午後6時からの夕食休憩までに61手目まで進行し、形勢は互角、残り持ち時間では、やや千田七段がリードしている。木村九段は本局に残留、千田七段は逆転でのA級昇級がかかる。

【中継】順位戦 B級1組13回戦 最終局 4局同時生中継

 A級13期の実績を誇る木村九段だが、今期の順位戦では成長著しい若手の勢いにも押される形で苦戦。最終戦を前に3勝8敗と負けが5つ先行し、13人中10番手となっている。本局に勝てば10番手をキープしたまま終了し、下位3人の降級枠からぎりぎり外れることができる。逆に敗れた場合は、もれなく降級する。

 千田七段は7割近い通算勝率を誇る強豪で、今期は常に昇級争いに参加。11回戦ではトップを走る藤井聡太竜王(王位、叡王、王将、棋聖、19)に土をつけ、自身初のA級入りにも望みをつないだ。現在3番手で、トップの藤井竜王、2番手の稲葉陽八段(33)がともに勝利した場合、勝利をしても逆転できないが、どちらか1人でも敗れれば昇級となる2位以内が確定する。

 どちらも譲れない一局は角換わり腰掛け銀の出だしになると、午前中から千田七段が積極的に仕掛け、駒損を承知で主導権を奪いに行く展開に。これに受けの強さには定評がある木村九段が対応し、形勢は互角のまま夜戦に入っている。

 持ち時間は各6時間で、先手は千田七段。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

【夕食の注文】

木村一基九段 チラシ・並 千田翔太七段 骨付き鶏もも肉のガーリックローストセット(サラダ・ライス

【夕食休憩時の残り持ち時間】

木村一基九段 2時間26分(消費3時間34分) 千田翔太七段 2時間49分(消費3時間11分)
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【中継】順位戦 B級1組13回戦 最終局 4局同時生中継
【中継】順位戦 B級1組13回戦 最終局 4局同時生中継
【中継】順位戦 B級1組 13回戦 藤井聡太竜王 対 佐々木勇気七段
【中継】順位戦 B級1組 13回戦 藤井聡太竜王 対 佐々木勇気七段